HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

パート主婦の「130万円の壁」は
なぜ「130万円」という額なのか?

早川幸子 [フリーライター]
【第29回】

 前回の本コラムでは、「夫に養われる」という生き方を選ぶ女性が再び増えている背景に、社会保険の「被扶養者」という制度があることを指摘した。

 現行の社会保険制度では、会社員や公務員の夫の収入で生活している妻は、本人の年収が130万円未満までは保険料の負担なしで健康保険や国民年金に加入できることになっている。これを超えると妻本人が保険料を負担することになり、年収130万円未満の人より手取りが減るという逆転現象が起こる。

 また、1日の勤務時間と1ヵ月の勤務日数がともに、正社員の4分の3以上になると、年収130万円未満でも社会保険に加入することになる。そのため、労働時間を調整しているパート主婦も多い。

 では、なぜ被扶養者の認定基準は130万円未満なのだろうか。

 「国が決めたから」と言われれば、それまでだが、このように明確な数字で区切るからには何か根拠があるはずだ。そこで、今回は、健康保険の歴史をさかのぼって、被扶養者の認定基準の疑問を解いてみたい。

70年代までの収入基準は
健保組合が独自に決めていた

 日本の公的な医療保険は、会社員は健康保険、公務員は共済組合、自営業は国民健康保険というように、職業に応じて異なる制度に加入する。

 この中で、会社員と公務員の制度には、その妻や子ども、親などが保険料の負担なしで医療給付を受けられる「被扶養者」というものがある。

 自営業の国民健康保険には「被扶養者」という概念はなく、世帯主だけではなくすべての家族が保険料負担の対象になるので、被扶養者は会社員や公務員の家族の特権ともいえる。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

早川幸子(はやかわ・ゆきこ) [フリーライター]

1968年、千葉県生まれ。明治大学文学部卒業。編集プロダクション勤務後、99年に独立し、以後フリーランスのライターとして女性週刊誌やマネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。現在、ダイヤモンドオンライン「知らないと損する! 医療費の裏ワザと落とし穴」、医薬経済社「ウラから見た医療経済」などのウェブサイトに連載中。13年4月から朝日新聞土曜版be on Saturday(青be)の「お金のミカタ」を執筆。「日本の医療を守る市民の会」発起人。


知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

国民の健康を支えている公的医療保険(健康保険)。ふだんはそのありがたみを感じることは少ないが、病気やケガをしたとき、健康保険の保障内容を知らないと損することが多い。民間の医療保険に入る前に知っておきたい健康保険の優れた保障内容を紹介する。

「知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴」

⇒バックナンバー一覧