ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本 商品&実践編
【第1回】 2012年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
深田晶恵

要注意! 銀行が販売する
おトクそうな「生命保険」の裏側

1
nextpage

投資で失敗してしまうケースの多くが「勧められてしまい、断れなくなった」「有利な商品だからと勧められ、内容もわからずに購入を決めた」というもの。つまり、銀行の窓口などで勧められたから、もしくは、勧められた商品がなんとなくよさそうに見えて、複雑な商品の仕組みをわからずに買ってしまうということが多いようです。
今回は、人気FPである深田晶恵さんに現在、銀行が積極的に売っている「生命保険」のカラクリをやさしく教えてもらいました。その中身を知って、失敗を上手く避けましょう!

今や、銀行で売っている商品は
「元本保証」ばかりではない

 みなさんは、銀行に口座を持っていますよね。給与振込などのメインバンクのほかに2つ、3つの口座を持っている、という方も多いかもしれません。

 それほど身近な金融機関なのですが、この銀行が、最近、劇的に変わってきています。それは、「元本保証」以外のものも取り扱うようになっている、ということです。

 銀行では、2001年から保険の販売が一部で解禁され、2007年には全面解禁になりました。いまや、どこの銀行でも「保険」が売られています。

 この保険商品の中で、銀行で力を入れて販売しているのが、保険料を最初にまとめて払いこんでしまう「一時払い終身保険」です。

 「一時払い(いちじばらい)終身保険」とは、どんなものかご存じですか?

深田晶恵(ふかた あきえ) ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さ ない独立系FP会社である生活設計塾クルーのメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情 報を発信している。15年間で受けた相談は3000件以上。日本経済新聞夕刊、日経WOMAN、日経ビジネスAssocie等でマネーコラムを連載中。おもな著書に『30代で知っておきたい「お金」の習慣』、『住宅ローンはこうして借りなさい・改訂3版』(ダイヤ モンド社)など。
twitter:http://twitter.com/akiefukata

 これは生命保険の種類を表しているもので、商品名ではありません。少し説明をします。

 読者の皆さんの多くは、保険は毎月いくら、というように月々決められた額を払っていると思います。しかし、中にはまとめて半年払いとか、年払いという人もいるかもしれません。それと同じイメージで、加入するときに全部の契約期間の保険料をまとめて払ってしまうのが「一時払い(いちじばらい)」です。

 そして終身保険というのは、「終身」という文字通り、加入してから死亡するまで保障が続く商品です。10年満期とか20年満期といった満期はなく、保障はずっと継続していて、死亡したらその時点で遺族にお金が支払われます。

 つまりこの保険は「最初にお金をまとめて払って、亡くなったときに遺族にお金が支払われる」というもの。

 そしてこの保険が必要なのは、通常、保険に入る人が亡くなって経済的に困る人がいるとき。さらに言えば大きな死亡保障額が必要な時期は「子どもが社会人になるまでの間」です。子どもが自分で稼ぐようになるまでは、養っていくお金が必要だからです。

 つまり、本来は貯蓄性商品ではない終身保険を「預金代わりに」と販売すること自体、おかしいのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


深田晶恵 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本 商品&実践編

長引く低金利もあって、「投資」を始めてみようと思う人も多くなってきました。また、銀行で投資商品や元本割れのリスク商品を勧められることもあります。こんなときに基礎知識がないばかりに自分のお金が減ってしまったケースが多発しています。実際にどんな商品は買ってはいけないのか、投資を始めるときにはどうしたらいいのか、を新聞・雑誌等でおなじみのファイナンシャルプランナー深田晶恵さんが語ります!

「「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本 商品&実践編」

⇒バックナンバー一覧