ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
寝る前1分 記憶術
【最終回】 2012年7月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
高島徹治 [勉強コンサルタント]

寝る前1分で威力を発揮!
「暗記カード」活用法

1
nextpage

寝る直前のわずかな時間でできることには限りがある。ほんの1分でもできるものとしては、「暗記カード」を使った勉強法がある。ただし、やみくもにカードをつくればいいというものではない。記憶力を格段に高めるカードのつくり方や活用法とは?

「暗記カード」づくりは、
記憶力アップには最高の仕掛け

 寝る前1分の記憶術で効果的なのが「暗記カード」の活用です。暗記カードがあると、寝る前だけでなく、さまざまな細切れ時間に復習ができるので便利です。

 たとえば、昼休みのランチに外食を利用する人なら、頼んだランチが出てくるまでの5~6分、朝夕の通勤・通学の際に電車が来るのを待っている時間あるいは車中、タクシーやバスの中、病医院や歯科の待ち時間(病院のように待ち時間が長いことがわかっていれば、本を持参して「いいとこ取り読書」も)、会議が始まる前の待ち時間(その会議における自分の意見のポイントなどをカードに落としておく方法も)などなど、みなさんにも日常の中に細切れ時間はたくさんあるはずです。

 それぞれわずかな時間ですが、暗記カードをポケットに入れておけば、勉強のチャンスになります。ボーッと待っているのは時間がもったいないですよね。

 では、暗記カードをいつつくるのかというと、これは寝る前1分や細切れ時間では無理ですから、時間がたっぷりあるときです。土曜日や日曜日など時間がある休日が最適ですが、平日の帰宅後でもいいでしょうし、場合によっては寝る前30分でもいいと思います。寝る前30分につくるというのは、寝る前1分に直結するので「覚えたい対象」によってはかなり記憶効果が高まります。

 カードをつくるという作業は、一見、面倒のように思う人がいるかもしれませんが、やってみると、なぜか案外楽しいものです。おそらく「これで覚えられるぞ」というポジティブな気分になるからでしょうか。あるいは、自分専用の“作品”をつくっているというクリエイティブな気分に浸れるからでしょうか。

 私の場合は、休日にこういうことをするのはまったく苦になりませんでした。自作のカードが貯まってくると、専用のカードボックスをつくり、整理しておくのがよいのですが、この整理作業も結構楽しいものでした。どんどん貯まり、カードボックスの中身が増えていくというのは、あたかも自分の作品が増えていくような感覚です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高島徹治 [勉強コンサルタント]

勉強コンサルタント、資格コンサルタント。早稲田大学政治経済学部を中退後、週刊誌記者、編集プロダクション社長等を経て、会社経営から引退したのをきっかけに、1990年より資格を取り始め、現在では90を超える資格をもつ。資格や勉強をテーマにした講演、執筆・新聞等への寄稿やテレビ出演など幅広く活動している。著書は『「寝る前30分」を変えなさい』(PHP文庫)、『すごい「勉強法」』(知的生きかた文庫)、『図解でわかる! できる人の「朝90分」』(中経の文庫)、『もっと効率的に勉強する技術!』(すばる舎)、『図解式 史上最強の資格勉強術!』(ナツメ社)など50冊を超える。


寝る前1分 記憶術

誰もが無駄にしがちな就寝前の時間。ただボーっとしているだけなんてもったいない。睡眠記憶の仕組みを最大限活用する方法――寝る前の1分間に、どんな勉強をすればいいのか――を「勉強コンサルタント」の高島徹治氏が伝授します。記憶力の落ちる中高年になって資格試験に次々合格した効率的な記憶・暗記ノウハウです。

「寝る前1分 記憶術」

⇒バックナンバー一覧