ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
仕事も、生き方も突然変わる すごいブランディング発想

「したい」と「できる」は違う

「あなたブランド」を育てて、「なりたい」自分になる

宇佐美清 [ブランディング・ディレクター【USAMIブランディング株式会社代表/MUSB代表取締役】]
【第4回】 2007年12月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回は、まず自分の仕事の話から始めます。

 僕は社会に出て、広告制作プロダクションに勤めました。毎日しごかれた徒弟時代です。そこから大手広告代理店に移籍して、11年間お世話になりました。その後、米国の広告会社に移りました。外資系の世界は変動が激しく4社を転籍して、その後に独立して現在に至ります。

 この間にコピーライター、クリエイティブディレクター、そこからアカウントプランニングディレクター、今は自称ブランディングディレクターといわゆる職域も変わっています。

 日本の同世代と比べると、異常な回数の転職です。でも、マーケティング、広告コミュニケーションの送り手の世界から出たことはありません。

 よくある話ですが、僕は大学生の時にVW(かぶとむし)の広告の成功物語を読んで広告が好きになり、バイト代でコピーライターの講座に通いました。自分で好きなものを見つけて、職業にできたのは幸運でしたし、幸せです。

 では、この転職の多さは何でしょうか。

 もっと自分は行ける、もっと自分にぴったりの場所がある、という「思いあがり」が原因だったようです。今思うと、かなりいやな奴ですね(笑)。

「したい」と「できる」

 外資系の広告会社にいたときに、中途入社希望者のための面接をたくさんしました。そのときに定番で僕が聞いていた質問があります。「なにがしたいですか」と「なにができますか」の2つです。多くの人は最初の質問には雄弁に答え、2つ目の質問に口数が減りました。

 なにがしたいか、は面接を受ける人が主役で、なにができるか、は受け入れる側のためになにができるか、企業が主役の質問です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宇佐美 清 [ブランディング・ディレクター【USAMIブランディング株式会社代表/MUSB代表取締役】]

1950年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。博報堂、レオバーネット協同、マッキャンエリクソン、JWTトンプソンなどを経て、2006年MUSB設立、2007年USAMIブランディング株式会社を設立。ブランド戦略に関するコンサルタント、企業研修などを行う。著書に『USAMIのブランディング論』(トランスワールドジャパン)。


仕事も、生き方も突然変わる すごいブランディング発想

ブランディング発想を使えば、仕事の仕方、生き方まで変わっていく!数々のキャンペーンを成功に導いたブランド戦略のプロが、新しい発想法教えます。

「仕事も、生き方も突然変わる すごいブランディング発想」

⇒バックナンバー一覧