ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
小山昇「経営の見える化」

「見せないリスク」は「見せるリスク」より大きい!情報オープン化で社員の協力を得る

小山 昇 [株式会社武蔵野 代表取締役社長]
【第2回】 2009年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 情報を「見せないリスク」と「見せるリスク」を比べた場合、どちらが大きいかといえば、「見せないリスク」です。

 情報を見える化しないと、「会社がどういう状態になっているのか」が社員に伝わりません。とくにPL(損益計算書)をクローズしている会社は、社員のモチベーションが低いように感じます。「会社が儲かっているのか、それとも儲かっていないのか」がわからなければ、社員だって頑張りようがありませんよね。

 「武蔵野」は2008年の12月に過去最高益でした。けれど期末現金は過去最低で、前年よりも1億円少なかったんです。

 したがって賞与は前年の90%に留め、支給金額は半分(残りは半年後)にしました。

 けれど、社員は誰も文句をいいません。なぜなら、PLもBS(貸借対照表)も公開しているから。そのうえ「会社は過去最高に儲かっているのに、現金は過去最低です。なぜなら銀行が貸しはがしをしたから。業績のよい会社でないと貸しはがしはできません。業績が悪い会社から貸しはがしをすると、倒産してしまいます」という解説付きです。

 「武蔵野」は、経営方針も、経理情報も、クレームも、社員の評価も、社長がキャバクラに行ったことも、私の年収が4500万円なのも、よい情報も悪い情報も隠さない。数字はすべてオープン。情報を私物化せず、すべて公開しているからこそ、社員の協力を得られるのです。

小さなことをたくさん褒められると
人はやる気が出る

 大きな契約を取ってきたり、大きな手柄を立てるのは、せいぜい1年に1、2回でしょう。そうなると社員は、1年に1、2回しか褒められないことになります。けれど人間は、「小さなことをたくさん褒められる」ほうがやる気になるものです。そこで「武蔵野」では、小さなことをたくさん褒めるしくみとして、「サンクスカード」を取り入れました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小山 昇 [株式会社武蔵野 代表取締役社長]

日本で初めて、「日本経営品質賞」を二度受賞(2000年度、2010年年度)。「落ちこぼれ集団」を「12年連続増収増益」へ導く。指導500社中100社が「過去最高益」、「13年連続倒産企業ゼロ」を達成。2004年に開始した「1日30万円のかばん持ち」制度は、現在、約70人・1年半待ちの人気ぶり。年240回の講演・セミナーを開催。「今日から仕事に役立つ」と現場見学会参加者があとをたたない。著書に『強い会社の教科書』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』(以上、ダイヤモンド社)、『増補改訂版 仕事ができる人の心得』(阪急コミュニケーションズ)など。
株式会社武蔵野


小山昇「経営の見える化」

9割の社長・幹部は自分の会社のことを何も知らない。だから会社がうまくいかなくなる―。「お金の流れ」「儲かっているかどうか」「現場で何が起きているか」など、会社の動きを見える化する方法を紹介。

「小山昇「経営の見える化」」

⇒バックナンバー一覧