ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
小山昇「経営の見える化」

「知識」を教え「理解」させ「わからせる」
社員育成の『見える化』とは

小山 昇 [株式会社武蔵野 代表取締役社長]
【第3回】 2009年10月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

なぜ学生時代の教育は
仕事で全く役に立たないのか

 大学まで進学したとすると、小学校6年間、中学校3年間、高校3年間、大学4年間で、合計16年間も勉強してきたことになります。ところが、16年間も勉強しているのに、社会に出たらまったく役に立ちません。どうしてでしょう?

 なぜなら、「知識を記憶しただけで、体で実行していないから」です。
「知識がある」ことと「理解している」ことは、必ずしも同義ではありません。

 「知識」は記憶・記録にすぎず、学んだ知識を体で実行してみて、はじめて「理解した」といえます。

 教える時間で学んだ「知識」を人前で話させることによって、はじめて「理解」できるようになります。そして「理解」させたら、同じことを何度も何度も繰り返すと、今度は「わかる」ようになります。

 「知識」を教え、「理解」させ、「わからせる」

 これが正しい「教育」のあり方なのです。「武蔵野」ではそれを念頭に、社内で明確に教育の手順を仕組みとして整備することで、社員が育っていきます。

「早朝勉強会」で社員を育てる

 「武蔵野」では、定期的に「早朝勉強会」を実施し、「経営計画書」と『仕事ができる人の心得』(阪急コミュニケーションズ)の内容を解説します。講師は私、小山昇。勉強時間は朝7時30分から8時30分までで、

・7時30分~8時15分……小山昇による方針の解説(教える時間)
・8時15分~8時30分……社員によるコメント発表(育てる時間)

に分けて「教育」しています。基本的に「参加は自由」ですが、出席状況を賞与評価に反映させているので、なかば強制的に出席させています(早朝勉強会は毎日実施し、各個人は半期に10回参加する)。

 「教える時間」の45分間は、できるだけ、「社内で実際に起きた出来事(失敗)」を題材にします。アメリカやフランスの話はピンとこなくても、「社内で実際に起きた出来事」であれば、リアリティが増すからです。

 それに、「部長の菊池は、昔は酔っ払うとお尻を出して歩くクセがあった。だからそういう不謹慎なことをしちゃいけないよ」なんて笑い話を交えれば、「部長はあんなに偉そうなことを言っているけど、昔はそんなことがあったんだ」と親近感が沸くじゃないですか。社員にとって、「上司の失敗は蜜の味」なんです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小山 昇 [株式会社武蔵野 代表取締役社長]

日本で初めて、「日本経営品質賞」を二度受賞(2000年度、2010年年度)。「落ちこぼれ集団」を「12年連続増収増益」へ導く。指導500社中100社が「過去最高益」、「13年連続倒産企業ゼロ」を達成。2004年に開始した「1日30万円のかばん持ち」制度は、現在、約70人・1年半待ちの人気ぶり。年240回の講演・セミナーを開催。「今日から仕事に役立つ」と現場見学会参加者があとをたたない。著書に『強い会社の教科書』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』(以上、ダイヤモンド社)、『増補改訂版 仕事ができる人の心得』(阪急コミュニケーションズ)など。
株式会社武蔵野


小山昇「経営の見える化」

9割の社長・幹部は自分の会社のことを何も知らない。だから会社がうまくいかなくなる―。「お金の流れ」「儲かっているかどうか」「現場で何が起きているか」など、会社の動きを見える化する方法を紹介。

「小山昇「経営の見える化」」

⇒バックナンバー一覧