ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

開幕したロンドン五輪の印象はなぜ“薄口”なのか?
特需期待が肩透かしな4つの理由と意外な起爆剤

岡 徳之
2012年7月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

いよいよロンドンオリンピックが始まった。大震災後初めての五輪を迎える日本に、明るい話題を提供してくれることを期待したいものだ。しかし、北京大会やアテネ大会と比較すると、「経済波及効果はいまいち」と指摘する声が少なくない。一方で、これまでになかった新しい需要に期待する声もある。ロンドン五輪は日本経済の起爆剤となるのか、そうではないのか。五輪商戦を戦うビジネスマンにとっても、気になるところだ。過去の大会と比較しつつ、「五輪効果」を分析してみよう。(取材・文/岡 徳之、協力/プレスラボ)

いまいち印象が薄いまま
ついに始まったロンドン五輪

 いよいよロンドンオリンピック(以下、五輪)が始まった。8月12日までの16日間開催され、世界205ヵ国・地域から約1万6000人の選手が参加する。

 ロンドンで五輪が開催されるのは、1908年に開かれた第5回大会、1948年に開かれた第14回大会に次いで、今回で3回目。今大会は、夏季五輪としては初めて全参加国・地域から女性選手が出場する大会として、注目を集めている。サウジアラビア、カタール、ブルネイから初めて女性が出場、カタールは射撃の女性選手が開会式の旗手を務める。

 五輪、W杯、WBCなど、国際的なスポーツイベントの開催時期が近づくと、とかく報道されるのが「経済波及効果」に関するニュース。とりわけ、五輪は世界最大の商業イベントでもあるため、莫大な経済効果が予想され、シンクタンクなども独自の試算を発表している。欧州危機の影響で世界経済の先行きに不透明感が募るなか、4年に一度のビッグイベントに寄せられる期待は大きい。五輪商戦を戦うビジネスマンにとっても、気になるところだ。

 これから16日間、華やかな競技を思い切り満喫する前に、ここではその「経済波及効果」について考えてみたい。

 今回のロンドン五輪、正直なところ、「もう開幕?」と“いつの間にか始まっていた感”を拭えないのは、筆者だけだろうか。筆者の印象に唯一残っている開幕前の五輪関連ニュースは、「深刻な警備員不足」くらいだ。

 五輪の警備を請け負っていた世界最大の英民間警備会社「G4S」が、採用や訓練の混乱により、開幕が1週間後に迫ったタイミングで警備員を4200人しか配置できていないことが発覚したのだ。英国政府が急遽、アフガニスタン帰還兵を含む3500人の兵士の投入を決めるという、ドタバタ騒ぎだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

おか・のりゆき

「マイナビニュース」「J-CAST」など、主にウェブ媒体での執筆活動を行ない、IT業界全体を俯瞰するマ クロな視点とウェブ技術に特化したミクロな視点で、業界を定点観測している。デジタルネイティブ世代とロスジェネ世代の中間層(1986年1月生まれ)。PRエージェンシー勤務を経 て、2011年より企業広報・ソフトウェア開発を専門とした株式会社tadashikuを立ち上げる。国内大手BtoCブランドのPR業 務に従事し、国際的な広告賞を受賞したデジタルクリ エイティブキャンペーンにも携わった。


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧