ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
学生も採用担当者も知らない!「就活人気業界・企業」の隠された法則

人口の割に上場企業数が多ければ所得は高くなる?
あなたが就活する地域の「真の豊かさ」を再調査

吉田克己  [5時から作家塾(R) 代表/World Business Trend Tracker 主宰]
【第13回】 2012年8月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

人口の割に上場企業が多ければ
本当に県民所得が高いのか?

連載第12回では、「大企業が多い県で働けば“豊かな生活”が送れるか」という仮説を検証してみた。大企業を多く抱える自治体は、地域経済が潤っている可能性が高い。そうした県に住んで働けば、他の地域で働くよりも収入が多くなり、豊かな暮らしを送れるかもしれないと考えたからだ。

 結果としては、少なくとも県民所得順位が近い県同士の比較においては、1人当たり県民所得の多寡と上場企業の本社数や規模との間には、直截的な因果関係はなさそうだという結論に落ち着いた。むしろ、人口当たりの上場企業の本社数が、1人当たり県民所得に影響を与えていそうだ。

 そこで連載第13回は、前回と少し切り口を変えて、都道府県別の人口を踏まえた上で、県内に本社を置く上場企業の数と、1人当たり県民所得および県民総所得との関係を、さらに掘り下げてみたい。

前回までと同様、「どの自治体に本社を置く会社に就職すれば、より多くの所得が望めるのか?」といった直截的な話にはならないが、地方での就職を考える向きにとって、参考資料の1つになればと思う。

 都道府県別の企業規模と業績を見るための基となるデータは、これまでと同様、「ダイヤモンドD-VISIONシリーズデータベースサービス 役員・管理職情報ファイル」である。ただし、これだけでは県民所得に関するデータが得られないので、総務省の国勢調査の結果や、内閣府発表の資料を活用した。

 早速だが、「都道府県別の1人当たり県民所得」「都道府県別人口」と、この両者から得られる「都道府県別総所得」を見てみる。表1は、2009年度のこの3つの指標を「都道府県別総所得」の順に並べたものである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田克己  [5時から作家塾(R) 代表/World Business Trend Tracker 主宰]

京都大学工学部卒。リクルートを経て2002年3月に独立。ダイヤモンド・オンラインでは、「消費インサイド」「デジライフNAVI」「就活の法則」などの企画・執筆に携わる。通信講座「『週刊ダイヤモンド』でビジネストレンドを読む」の講師を務める。編・著書に『三国志で学ぶランチェスターの法則』『シェールガス革命とは何か』『元素変換現代版<錬金術>のフロンティア』ほか。


学生も採用担当者も知らない!「就活人気業界・企業」の隠された法則

就職氷河期だからと言って、「どんな会社でも入れさえすればよい」というものではない。就活で人気の業界や企業には、気づかない魅力や知っておくとためになるトレンドが存在する。この連載では、「ダイヤモンドD-VISIONシリーズデータベースサービス 役員・管理職情報ファイル」を基に、そんな産業・企業別の「隠された法則」を、多角的に分析する。悩める学生や企業の採用担当者には、「就活」のトレンドを読み解く一助として参考にして欲しい。

「学生も採用担当者も知らない!「就活人気業界・企業」の隠された法則」

⇒バックナンバー一覧