ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金の教室

新しい郵便局との付き合い方(序章)

~私たちは何を選んだか~

生活設計塾クルー
【第1回】 2007年10月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 郵政民営化が始まった。これから10年かけ、段階的に「民」になりそうだが、着地点は既におぼろげながら見える。民営郵便局との付き合い方もまた、徐々に見えてきた。

 8月から9月にかけ、新聞の投書欄に、主に一部郵便料金や小為替、各種手数料などの値上げを嘆いたり怒ったりする内容の投書がいくつか載った。これに対して、9月下旬、2年前の小泉劇場・郵政選挙時の多くの国民の投票行動を指弾、税負担のなかった郵便局が負担義務を負うのだから値上げは当然、熱に浮かされて国民自らが選んだ道だとする投書が応えた。その通りだろう。だが、この道の険しさが本領を発揮するのはこれからのことである。ここではその険しさを、金融商品の取扱いという面に焦点を当て探ってみよう。

手数料稼ぎが最重要の目標

 まず、05年10月に始まった投資信託。現在、郵便局の投資信託残高は約1兆円だそうだが、09年度末までにこれを5兆円に持っていくという目標が掲げられている。2年かけて1兆円だったのを、これから2年半で4兆円増やすというのだ。かなり激しい売り方が展開されると考えねばならないが、金融商品取引法との絡みは大丈夫だろうか。

 その一つの武器になりそうなのが「抱き合わせ販売」で、既に実験済みである。今春、投資信託取扱郵便局で「Wスタートキャンペーン」が実施された。郵便定期貯金と投資信託を同時購入すると、JCBまたはVISAのギフトカードをプレゼントするというものだ。これは、定期預金と投資信託や外貨預金を同時購入すると定期預金金利を優遇するという民間銀行得意の手法の模倣だが、新聞報道によれば、このおかげで投信販売に1千億円の上積みがあったという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
生活設計塾クルーの人気著書「お金はこうして殖やしなさい[新版]」好評発売中!

株、投信、生命保険、年金、住宅ローンまで、いまどきお得な金融商品の選び方を詳細解説。 1470円(税込)

話題の記事

生活設計塾クルー

特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー集団。経験に裏打ちされた独自の視点で、一人ひとりの将来設計に応じた資産運用や保障設計のアドバイスを行なう。また、セミナーや執筆活動も幅広く展開。金融・経済、金融商品、社会保険等について中立の立場から情報を発信している。生活設計塾クルーのウェブサイト


お金の教室

資産運用から保険、住宅ローン、年金まで、人生設計に必要なお金にまつわる情報をわかりやすく解説。独立系ファイナンシャルプランナーならではの「中立」な立場で語ります。

「お金の教室」

⇒バックナンバー一覧