ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

震災復興で産業空洞化の穴を埋められるか!?
新自動車王国を狙う「宮城県+トヨタ」の課題

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第120回】 2012年8月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

津波被害から復興
久しぶりに賑わった仙台港周辺

「とうほく自動車フェスタ」会場内。新車、旧車、スーパーカー、レーシングカー、次世代車など百数十台を展示。とよた博物館(愛知県)からの特別展示も目立った。  Photo by Kenji Momota

 ランボルギーニ「アヴェンタドール」、日産の超小型モビリティ、マクラーレンホンダ「MP4/7」、いすゞ「117クーペ」、そしてトヨタ「アクア」……。

 バラエティに富んだクルマたちが、百数十台。展示方法はシンプルで、コンパニオンもいない。しかし、展示各車自体が周囲に放つ魅力と、それを心底楽しむ来場者の笑顔によって、場内の雰囲気はとても華やかに見えた。

 “夢メッセ再開第一弾イベント”と銘打たれた「とうほく自動車フェスタ」(宮城県仙台市宮城野区・みやぎ産業交流センター「夢メッセ」、2012年7月20日~29日)。10日間の総来場者数は5万6816人に達した。筆者は25日(水)に現地取材したが、夏休み中の親子連れ、情報収集や出展関係の会社員たち、さらに日本の自動車が盛況だった高度成長期を懐かしむように旧車を見る60代以上人たちなどで、会場内は活気に満ちていた。

 また、同会場周辺を走ってみたが、東日本大震災での津波被害を感じさせるモノは見当たらず、倉庫、運輸関連施設、そして大型商用施設などは通常の営業体制に戻っていた。

 復興から地域再生へと歩む東北地方。その経済の中心地、ここ仙台を発信源として最近、自動車産業に関する報道が多い。

 それには、本年7月1日に誕生した「トヨタ自動車東日本」の影響が大きい。同社はトヨタの関連会社で、長年トヨタ車の最終組立を行なってきた関東自動車工業とセントラル自動車が、トヨタの部品関連企業のトヨタ自動車東北と合併したものだ。

 日本の自動車産業はいま六重苦(円高、高い法人税、自由貿易協定への対応の遅れ、労働規制、CO2削減、東日本大震災後の電力不足)、さらには、少子高齢化+若者のクルマ離れ、新興国市場での販売拡大による生産の海外シフトの潮流加速と、多方面からの難題を抱えている。その結果、自動車製造拠点の海外移転、つまり産業の空洞化の危険性が叫ばれている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧