ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄の「経済大転換論」

自動車産業は「農業化」した
輸出は経済危機前の半分、国内需要は補助金頼み

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第4回】 2012年2月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本の貿易収支が赤字になった原因は、輸出面では乗用車の輸出が伸びないことだ。自動車産業は日本を支える最重要産業だったが、経済危機前に比べると、大きな変化が見られる。以下では、震災や経済危機が自動車産業にいかなる影響を与えているかを見よう。

震災で大きく落ち込んだのは
自動車生産

 東日本大震災後に輸出が大きく落ち込んだ。2010年4月と比べると、11年4月の輸出総額は12.4%減少した。しかし、品目別には大きな差が見られた。

 減少率が最大だったのは、輸送用機器だ(43.2%減)。なかでも乗用車が、67.9%減と非常に大きく落ち込んだ。電気機器なども落ち込んだが、さほど大きな落ち込みではなかった。他方で、機械のように10年4月と比べて輸出額が増加した品目もあった。輸送用機器の総輸出額に対する比重は大きいので、これが輸出総額を減少させたのである。

 このような品目別の差を反映して、地域別の輸出額の変化にも大きな差が見られた。自動車輸出が中心の北米向け輸出が23.3%減と大きく減少した半面で、アジア向け輸出は6.6%減と、それほど大きくは減少しなかった。

 震災後に自動車の輸出が落ち込んだのは、国内の生産設備が損傷し、それによって国内生産が落ち込んだからである。経済危機後には、輸出が落ち込み、そのために国内の生産が落ち込んだ。つまり、経済危機後と震災後では、輸出や生産が落ち込んだのは同じだが、因果関係はちょうど逆になった。

 11年4月の鉱工業生産指数は、10年4月に比べて、全体では12.3%の減となった。これは、輸出額の減少率とほぼ同じ数字だ。

 品目別に見ると、輸送機械工業は47.9%減だった。これも輸出額の減少率とほぼ同じ数字だ。乗用車は60%の減少となった。

 しかし、電子部品・デバイス工業の減少率は15.5%であり、落ち込んだものの、乗用車の落ち込みよりははるかに率が低かった。このように、生産面で見ても、自動車は震災によって急激に落ち込んだのだが、電子部品の落ち込みは自動車ほどではなかった。

 他方で、一般機械工業は、1年前と比べて生産が落ち込まず、むしろ増加した。2011年2月に93.9であった生産指数が、3月には80.3に落ち込んだのだが、4月には89.9に回復したのである。これは、工場の多くが被災地の外に立地していたからだろう。

 このように、震災が生産に影響した度合いは、品目によってかなり大きな差があった。

 自動車生産が大きく落ち込んだのは、最終的な組立工場が被災したからではない。原因は、部品のサプライチェーンが損壊したからだ。とりわけ、マイコンなどの電子部品の供給が阻害された影響が大きい(具体的には、自動車向けマイクロコントローラーを生産するルネサス エレクトロニクスの那珂工場が被災したために、世界中の自動車生産が影響を受けた)。

 しかし、上で述べたように、電子部品・デバイス工業の落ち込み率は15.5%であり、電子部品の落ち込み率は11.3%だ。これらは、自動車の落ち込みに比べるとずっと少ない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄の「経済大転換論」

日本経済は今、戦後もっとも大きな転換期にさしかかっている。日本の成長を支えてきた自動車業界や電機業界などの製造業の衰退は著しく、人口減や高齢化も進む。日本経済の前提が大きく崩れている今、日本経済はどう転換すべきなのだろうか。野口悠紀雄氏が解説する。

「野口悠紀雄の「経済大転換論」」

⇒バックナンバー一覧