ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方

真冬に札幌でアイスキャンディを売る?
ガリガリ君に学ぶ売れない時代の販売術

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]
【第41回】 2010年1月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

なぜ冬にアイスのCM?

 「60円のアイスキャンディの販売戦略およびマーケティング戦略を考えてください」

 ビジネススクールのみならず今や企業での研修でもこの手のケーススタディやシミュレーションを取り入れることも多いようだが、このような課題を出されたとしたら、皆さんはどういう答えを捻出するだろうか?

 正月、妻子を実家に返し、東京に1人残って修士論文に四苦八苦していたとき、少し休憩と思ってつけたテレビでアイスキャンディの「ガリガリ君」のテレビCMが登場した。15秒の短いCMであったが、正月っぽいあっぱれな雰囲気のCMは非常にインパクトがある。

お正月だからこその
ピンポイントCM出稿

 そう、ガリガリ君こそ、1本60円のアイスキャンディである。しかし、日本各地に大雪を降らせた日に、アイスキャンディのCMを流して果たしてどれほどの効果があるのか。お正月はテレビをつけっぱなしの家庭も多く、CM出稿料もそれなりにするであろう。そんな予算があるなら、もう少し気温が上がってきた時期に宣伝したほうが収益性を考えるなら効果的ではないのだろうか。

 しかし、よく考えてみると、お正月という家族が集ってテレビを見る時だからこそ、ガリガリ君にとってはテレビCMが効果を生むのかもしれない。

 大人にとっては懐かしのガリガリ君は、子供にとっては現役で大好きなアイスキャンディ。年末年始は家族総出でスーパーに出かける人も多いが、CMを見た大人が「よし子供に買ってやるか。ハーゲンダッツと違って安いしね」と1箱購入していくかもしれない。家族そろってCMを見る、その直後に家族全員でスーパーに行く、大人にとっては懐かしい、そして子供にとっては今うれしい商品、そういう状況と商品特性を考慮するとガリガリ君のCMをお正月に打つことは理に叶っている。

地道なマーケティングこそ
最もコストパフォーマンスが良い

 ガリガリ君を作っているのは赤城乳業という埼玉県深谷市に本社がある企業であるが、上場をしていないため、深谷市以外の一般人がその会社名を聞くことはあまりない。しかし、この会社、そのマーケティング戦略に関してはビジネススクールなどのケーススタディとするべきと思うぐらいに優れている。

 実は3年前になるが、同社から招待され深谷市の本社を訪問したことがある。それまで同社に何の縁のゆかりもない私に声がかかったのは、ブログでガリガリ君のことを書いたからであった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
保田隆明氏の著書「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」好評発売中!

経済・金融のグローバル化に伴い、企業を取り巻く環境は複雑化。ビジネスパーソンにとっても、経営戦略とファインスに関する知識は不可欠になっています。本書では、資金調達やM&Aなど、経営戦略とファイナンスの関係を基本から徹底解説します。 2100円(税込)

話題の記事

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

1974年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師。リーマン・ブラザーズ証券(東京/ニューヨーク)、UBS証券東京支店で投資銀行業務に携わる。その後、起業、投資ファンド運用等を経て、10年より小樽商科大学大学院准教授、14年より昭和女子大学准教授、2015年9月より現職。雑誌、テレビや講演で金融・経済をわかりやすく解説する。著書は「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」(ともにダイヤモンド社)ほか多数。早大院商学研究科博士後期課程満期退学。
保田氏ブログ

 


保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方

仕事と両立しながら大学院に通い始めた保田隆明が、大学院で学ぶからこそ見えてきた新しい視点で、世の中の「経済・金融ニュース」をわかりやすく解説する。

「保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方」

⇒バックナンバー一覧