ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
大津波の惨事「大川小学校」~揺らぐ“真実”~

平野文科相がついに大川小を視察
震災から1年5ヵ月でようやく国が動いた

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第8回】 2012年8月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

学校管理下にあった児童74人と教職員10人が、東日本大震災の大津波にのまれて犠牲になるという、世界でも例のない惨事を起こした石巻市立大川小学校。連載第6回では、私たちが情報開示請求を行った結果、文科省が大川小の惨事をほとんど把握していなかったという事実を紹介した。あれから2週間余りのち、ようやく文科省が動きだした。8月19日、平野博文文部科学相が、初めて大川小の校舎周辺を視察し、遺族の声に耳を傾けたのである。

2日前に突然飛び込んできた
平野文科相による視察の知らせ

校舎前に設けられた献花台の前で、遺族から話を聞く平野博文・文部科学相。(2012年8月19日、石巻市釜谷)
Photo by Yoriko Kato

 それは、電撃的な情報だった。

 「19日、平野文科大臣が大川小を視察に来る!」

 そんな知らせが突然、児童の遺族たちの耳に入ったのは、訪問のわずか2日前のことだ。

 「大臣は、遺族との面談を望んだのに、遺族側が“大臣と話すことはない”と断ったらしい」

 加えて、そういう文科相サイドの情報も駆け巡った。

 「真実の解明を求めている遺族には、誰からも面談の意思の有無を確認されていない。いったい誰が、話すことない、なんて言ったのか!」

 いぶかしんだ遺族の1人は憤慨して、市教委に確認に行った。しかし、市教委では、「そういう話は知らない」と否定したという。

 こうした情報がどこから流れたのか、真意はわからないが、当然のことながら、遺族側も遺族会の会長を通じて、平野文科相と話のできる時間が設けられることになった。

 当日朝、平野文科相はまず石巻市役所を訪問。会議室で、亀山紘市長や県教委、市教委の幹部との意見交換に臨み、こうあいさつした。

 「大川小学校におきましては、行方不明者も含めて74名の尊い命が奪われ、教員10名も犠牲になった。しっかりと受け止めて対応しなければならない。また防災教育のため、この悲しみをしっかりと検証したうえで、教訓として生かしていかなければいけない。これから教育委員会での取り組みを含めて、意見交換をさせていただき、1日も早く、被害者の方々の思いを共有し、検証していく。ぜひ現場を訪問して、我々文科省としても、バックアップしていきたい」

 この後、メディア側は会議室を締め出され、文科省側と、亀山市長や県教委、市教委側との意見交換が1時間近く、密室で行われたという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


大津波の惨事「大川小学校」~揺らぐ“真実”~

東日本大震災の大津波で全校児童108人のうち74人が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校。この世界でも例を見ない「惨事」について、震災から1年経った今、これまで伏せられてきた“真実”がついに解き明かされようとしている。この連載では、大川小学校の“真実”を明らかにするとともに、子どもの命を守るためにあるべき安心・安全な学校の管理体制を考える。

「大津波の惨事「大川小学校」~揺らぐ“真実”~」

⇒バックナンバー一覧