ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術
【第2回】 2007年10月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
石川慶子 [広報コンサルタント/シニア リスクコンサルタント]

マスコミの背後には多数の読者・視聴者がいる!

1
nextpage

 現場取材に来る記者は、経営者よりもずっと「若い」ということをご存じでしょうか。多くは20代、30代です。スーツを着てくる人は少なく、髪がボサボサであったり、ヒゲを伸ばしている人もいます。そこで経営者はつい油断をしてしまい、記者の背後にいる「読者」という名の顧客の存在を忘れて、1対1のコミュニケーションをしてしまうのです。共同通信の記者であれば、全国の地方紙合わせると2千万人の読者がいます。

 所属する部署にも留意する必要があります。朝日新聞社会部の記者であれば、朝日新聞の社会面を読んでいる一般生活者が背後にいます。経済部であれば、ビジネスマンが背後にいます。一人の記者の背後には数十万、数百万の読者が控えていることは絶対に忘れないでほしいのです。一人の記者に対応することは、その背後にいる読者・視聴者に対応することであり、一人の記者からの質問はその読者・視聴者からの質問なのです。記者会見となって複数の記者が集まれば、背後は世論そのものになり、記者たちとの対面はまさに世論との対面となります。

「コンプライアンス」だけでは、
マスコミ対応は乗り切れない 

 何か起こった時には、まず弁護士に相談することが多いでしょう。「法的に問題点がなかったかどうか」を最初に確認するのは非常に重要なことです。

 しかしながら、マスコミ対応は法的問題がない、ということだけでは乗り切れません。

 企業のトップがついうっかりと口にしてしまう言葉に「法的には問題ありません」「法律は犯しておりません」という言葉があります。ところが、火災などで被害者が出た場合には、たとえ法律を守っていたとしても、記者会見の最初に「法令は守っていた」と言ってしまったら、その時点で記者を敵に回したと考えておいたほうがよいでしょう。

 理由は、記者とその背後にいる世論にとって、最大の関心事は企業の法令違反ではなく、企業の社会的責任だからです。法令遵守をしていても事故は起こるものです。問題は法令違反かどうか、ではなく、被害者が出てしまったことに対しての社会的責任をどうするのか、ということです。「法律さえ守っていればよいと思っている、社会的責任感が欠如した社長」という印象を持たれたら、広報的には完全な失敗です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


石川慶子 [広報コンサルタント/シニア リスクコンサルタント]

国会職員、映像制作プロダクション勤務を経て、1995年より広報サービス会社のマネジャーとして企業の広報活動のサポートに携わる。2003年、会社を設立して独立。現在、有限会社シン代表取締役社長、ライブ!ユニバース理事、日本リスクコンサルタント協会シニア会員、日本広報学会会員。各種情報サイトへの執筆活動も多数。


失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術

数々の企業不祥事がTVや紙面を賑わす今日、マスコミ対応を誤ると致命的なダメージに。緊急時にトップと広報がすべきマスコミ対応を具体的に伝授する。

「失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術」

⇒バックナンバー一覧