ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術
【第2回】 2007年10月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
石川慶子 [広報コンサルタント/シニア リスクコンサルタント]

マスコミの背後には多数の読者・視聴者がいる!

1
nextpage

 現場取材に来る記者は、経営者よりもずっと「若い」ということをご存じでしょうか。多くは20代、30代です。スーツを着てくる人は少なく、髪がボサボサであったり、ヒゲを伸ばしている人もいます。そこで経営者はつい油断をしてしまい、記者の背後にいる「読者」という名の顧客の存在を忘れて、1対1のコミュニケーションをしてしまうのです。共同通信の記者であれば、全国の地方紙合わせると2千万人の読者がいます。

 所属する部署にも留意する必要があります。朝日新聞社会部の記者であれば、朝日新聞の社会面を読んでいる一般生活者が背後にいます。経済部であれば、ビジネスマンが背後にいます。一人の記者の背後には数十万、数百万の読者が控えていることは絶対に忘れないでほしいのです。一人の記者に対応することは、その背後にいる読者・視聴者に対応することであり、一人の記者からの質問はその読者・視聴者からの質問なのです。記者会見となって複数の記者が集まれば、背後は世論そのものになり、記者たちとの対面はまさに世論との対面となります。

「コンプライアンス」だけでは、
マスコミ対応は乗り切れない 

 何か起こった時には、まず弁護士に相談することが多いでしょう。「法的に問題点がなかったかどうか」を最初に確認するのは非常に重要なことです。

 しかしながら、マスコミ対応は法的問題がない、ということだけでは乗り切れません。

 企業のトップがついうっかりと口にしてしまう言葉に「法的には問題ありません」「法律は犯しておりません」という言葉があります。ところが、火災などで被害者が出た場合には、たとえ法律を守っていたとしても、記者会見の最初に「法令は守っていた」と言ってしまったら、その時点で記者を敵に回したと考えておいたほうがよいでしょう。

 理由は、記者とその背後にいる世論にとって、最大の関心事は企業の法令違反ではなく、企業の社会的責任だからです。法令遵守をしていても事故は起こるものです。問題は法令違反かどうか、ではなく、被害者が出てしまったことに対しての社会的責任をどうするのか、ということです。「法律さえ守っていればよいと思っている、社会的責任感が欠如した社長」という印象を持たれたら、広報的には完全な失敗です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



石川慶子 [広報コンサルタント/シニア リスクコンサルタント]

国会職員、映像制作プロダクション勤務を経て、1995年より広報サービス会社のマネジャーとして企業の広報活動のサポートに携わる。2003年、会社を設立して独立。現在、有限会社シン代表取締役社長、ライブ!ユニバース理事、日本リスクコンサルタント協会シニア会員、日本広報学会会員。各種情報サイトへの執筆活動も多数。


失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術

数々の企業不祥事がTVや紙面を賑わす今日、マスコミ対応を誤ると致命的なダメージに。緊急時にトップと広報がすべきマスコミ対応を具体的に伝授する。

「失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術」

⇒バックナンバー一覧