ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

低価格“電動”バイクで国内シェアトップ
日の丸ものづくりで世界一を目指す
テラモーターズ社長 徳重 徹

週刊ダイヤモンド編集部
【第204回】 2012年9月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Kazutoshi Sumitomo

 「日の丸メーカーが苦戦する時代に、志を共にする若い社員たちと、日露戦争に勝利した日本のような世界史の奇跡を起こすこと。それが、私の『坂の上の雲』です」──。

 徳重徹は、愛読書である司馬遼太郎の代表作になぞらえて、そう夢を語る。

 場所は、東京・渋谷の雑居ビルにある4畳半程度のシェアオフィス。狭い室内には、Tシャツにジーンズ姿の若者がひしめく。訪れる者は皆、この場所が創業わずか2年で、電動バイクの国内最大手に躍り出たEV(電気自動車)ベンチャーの心臓部だと知って驚くという。

 2010年に誕生したテラモーターズは、電動バイクの開発から製造、販売までを手がける。同社の電動バイクは、家庭用コンセントによる7時間の充電で、約40キロメートルの走行が可能。1回の充電にかかる電気代はわずか約30円だ。

 11年度は前年度の5倍に当たる約3000台を売り、創業2年目にして、同じく電動バイクを販売するヤマハ発動機やホンダといった、世界に冠たる国内バイクメーカーに差をつけた。今年度は6000台を販売し、売上高10億円をもくろむ。

徹底したコストカットで
大手メーカーを圧倒する
低価格を実現

 テラモーターズの強みは、ずばり“低価格”。他の電動バイクが、軒並み20万円を超える中、テラモーターズの「SEED」シリーズは、最安モデルで9万9800円だ。既製部品を多く利用した中国での委託生産と、安価なシリコン電池を採用するといった、徹底したコストカットが、それを可能にしている。また、全国5000店と提携したメンテナンス網も売りだ。

 従来のガソリン車は、大手メーカーによる「垂直統合」の下で生産され、ベンチャーの参入は容易ではなかった。しかし、EVでは、動力がガソリンエンジンから、モーターと電池に切り替わることで、おのおのの部品メーカーによる「水平分業」が行いやすい。しかも、部品数はガソリン車の4分の1と格段に少ない。つまり、ベンチャーが、同じ土俵に上がりやすい産業構造だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧