ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

党首選立候補を見送った
谷垣氏、細野氏の「残念」の研究

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第247回】 2012年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

谷垣氏、細野氏ともに
首相になれるチャンスはあった?

 与党である民主党、最大野党の自民党が、今月、相次いで新しい党首を決める。報道では、野党である自民党の総裁選の方が、圧倒的に盛り上がっている。次の総選挙での民主党大敗と、自民党の相対的な浮上を見越して、実質的に「次の首相」を決める戦いと見られているからだろう。

 両党の党首選を巡る熱気は残暑のごとくもうしばらく続くのだろうが、一時は両党の党首候補に擬せられたものの、党首選への立候補を降りることを決断した人で注目してみたい人物が2人いる。

 年齢順に挙げると、自民党の谷垣禎一総裁と、民主党の細野豪志原発問題担当相だ。彼らの意志決定について、ビジネスパーソンの処世のあり方とも絡めて考えてみたい。

 以下、谷垣、細野両氏に対して「さん付け」で書く。共に、現時点では首相を目指す政治家ではないので、厳しく批判する必要はないと思う。本稿では、政治家を職業とする1人のビジネスパーソンの行動として彼らを見る。

 現在の自民党総裁である谷垣さんは、能力や人物の点で、現在の国会議員の中では、優れている方に属する人なのではないかと推察する。

 学歴や資格で人を正確に論じることはできないが、若い頃に苦労をされて、かつての司法試験に合格し、弁護士から政治家に転じた経歴や、財務大臣を無難に務めた実績を考えると、谷垣さんはたとえば石原伸晃自民党幹事長よりも自分の方が首相に適任だと思っていただろう。この点について、筆者は反対しない。

 しかし、彼はいかにも人が良すぎたし、勝負のタイミングを見分ける目、あるいは勝負をかける度胸が欠けていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧