ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
部下に悩む 上司のための心理学
【第6回】 2009年6月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
衛藤信之 [心理カウンセラー]

部下の悩みを解決する!?聴き方の技術

1
nextpage

「過剰な関わり」が部下をダメにする

 前回、「過剰な関わり」の5パターンを取り上げましたが、それぞれについてどのような問題が生まれるのかを、具体的に見ていきましょう。

 (1)質問型の過剰な関わり

 「辞めたいんですが……」と相談に来た部下に対して、「いつからそんなことを考えてたんだ?」「辞めたい理由は何だ?」など、相手に詰め寄るように質問を浴びせる。

 すると部下は、「上司から探りを入れられている」「尋問されている」と感じてしまいます。そうなると、見られたくないところまで探り出されてしまう」という思いを抱き、本音の意見を言いにくくなってしまうのです。

 また、自分が答えた内容に対して「批判されたり説得されるのではないか」という恐怖心も起こってくるため、嘘をつく、自分に都合よく話を脚色する……といった反応をすることがあります。

 (2)助言型の過剰な関わり

 「そうか、でも焦るな。あと半年頑張ってみないか」「君の悩みなど、後で考えればとるに足りないことだよ」のように、上司の立場からすぐに解決策を出してしまう。

 このように対応された部下は、「君はまだ未熟だから分からないだろうが、君より経験を積んでいる私なら、君の問題を解決できるよ」などと言われているように感じることがあります。

 また、部下が自分で問題に取り組み、解決策を考え出す機会を奪ってしまうという弊害もあります。相手の問題に対して安易に答えを出してしまうということは、「真剣に自分を問い直す」という権利や「問題解決のために試行錯誤する」という行為を相手から奪うことでもあるのです。

 (3)説教型の過剰な関わり

 「仕事はそんな甘いものじゃないぞ!」のように、相手の考えを押さえつけてしまう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


衛藤信之 [心理カウンセラー]

日本メンタルヘルス協会代表。心理学の学派や権威にとらわれずに、難しい理論を面白おかしく説明できる逸材として、語りでは吉本風心理学の異名をとる。心理カウンセラーのなかでは顧問企業数はトップクラス。講演や研修を行うかたわら、全国で心理学のゼミナールを開催。著書に『心時代の夜明け』(PHP研究所)などがある。


部下に悩む 上司のための心理学

権威をふりかざしたリーダーシップではいつまでたっても部下は思い通りにならない。人間心理を踏まえた部下とのコミュニケーション術や魅力あるリーダーになる方法を紹介する。

「部下に悩む 上司のための心理学」

⇒バックナンバー一覧