ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DOL特別レポート・ヘルスケアSpecial

一生、自分の歯を守り
おいしく食べるための歯と口の正しい管理

「頼れる歯医者さん」発 最新情報【第2回】

2012年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

歯や口の健康を維持するためには、トラブルが起きる前に、普段からしっかりとしたケアをすることが大切だ。自分の歯は、失ったらもう二度と元には戻らない。一生、自分の歯でかんで、おいしく食事を味わう人生を送るために、毎日の正しい歯磨きに加え、歯科医院に行って、定期的にプロのクリーニングを受けるようにしよう。

プラークコントロールをしよう 

 食事をすれば、歯には必ずプラーク(歯垢)が付く。歯の表面や根元にたまる黄色っぽい汚れがそれだ。このプラークはただの食べカスなどの汚れではなく、正体は歯周病や虫歯の原因菌などのかたまりだ。わずか1mgのプラークの中に数十億個もの細菌が含まれているともいわれ、これらの菌は、バイオフィルムと呼ばれるぬるぬるした膜を形成し、その中でどんどん増殖していく。

 バイオフィルムは通常のブラッシングによる歯磨きでは容易に除去することができない。しかも抗生物質や洗口剤でも死滅させることが困難な、やっかいな代物だ。

 菌の増殖をとめられないと、口の中は虫歯や歯周病など、さまざまな疾患に侵されてしまう。

 口内細菌を完全になくすことは不可能だが、普段のケアでできるだけプラークを落とし、細菌の増殖を抑えて口腔トラブルを予防することが肝要だ。これを「プラークコントロール」と呼ぶ。

 普段からできる歯と口のケアには、さまざまな方法がある。

●歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使って、丁寧に歯磨きすること
●洗口剤などで口をすすぎ、口内の汚れを洗い流すこと
●糖の摂取を控え、栄養バランスのよい食事をとること
●免疫力を落とさないよう睡眠不足や過労・ストレスを避け、規則正しい生活を心がけること
●歯科医院で定期的にクリーニングを受けること

 よいケア習慣を取り入れ、上手にプラークコントロールをしよう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


DOL特別レポート・ヘルスケアSpecial

毎日の食事すら疎かになりがちな、忙しいビジネスマン。でも、ほんのちょっとした知識と気遣いが、あなたの健康にプラスになることもあります。このコラムでは、ビジネスマンの健康サポートに役立つ情報を、お届けしていきます。

「DOL特別レポート・ヘルスケアSpecial」

⇒バックナンバー一覧