ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
士業・個人事業主必見!売り込まずに集客する方法
【第4回】 2012年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
河本扶美子 [株式会社ファーストブランド代表取締役社長]

人脈や伝手で営業しても成果が見込めない分野で
成功したパーソナルブランド構築方法

1
nextpage

 第2回「自分自身の差別化された強みの見つけ方」でもご紹介しましたが、強みを発見しただけでは顧客は集まりません。強みの発見に次いで行うべきことは、自らの意思で自分の強みが最も活きるマーケットを「ひとつだけ」選択すること。そして、その分野での認知度を高める為のアウトプット(アピール)を行い、権威性を得るまで、深掘りを続けるということです。

 この過程ではつい、アピールするマーケットを広げて、幅広い(できればすべての)ターゲットを狙いがちですが、ターゲットを広げれば広げるほど、競争相手も多くなり、優位に立つことが難しくなりますし、マーケットが大きければ大きいほど、大手と競合する確率が高くなる為、アピール力や認知力で優位に立つ事ができず、価格競争へ巻き込まれる可能性も高くなります。

 パーソナルブランドを確立するための、適切なマーケットを選ぶポイントは、

①競合が少なく、
②自分が優位に立てる可能性の高い、ニッチな分野を狙い、
③特定の分野で認知度を高める為のアウトプット(アピール)を行う

 ということです。

 では、どのようにアウトプットをしていったら良いのでしょうか?

 特定の分野で認知度を高める為に有効なアウトプットの有力なツールがインターネットになります。

 前回お話しましたとおり、お客様は商品やサービスの選択に妥協することがなくなってきています。それはインターネットというツールがあるからです。インターネットを駆使して自ら情報を収集し、自分自身の課題を解決する、またはニーズを満たしてくれるにふさわしい、知見と経験がある、もしくは最も情報を持っていると思われる人を集め、選択するテーブルに並べます。この、選んでもらうテーブルに乗らなければ、お客様と接点を持つことさえできません。

 「インターネット」の出現前と後の大きな違いがそこにあるのです。

 また、今まではニッチに絞りすぎると消費者とのマッチングはほぼ不可能でした。しかし、これもインターネットを通じた検索技術によりマッチングが可能になりました。

 以上の理由からインターネットで適切な戦略を立てることによって、それを求めている人々から問い合わせが来るのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



河本扶美子 [株式会社ファーストブランド代表取締役社長]

英国留学を経て、SMBC、外資系航空会社に勤務。2002年「消費者に優しいインターネット・サービス会社」を目指し、有限会社ファーストブランド工房(現株式会社ファーストブランド)を設立。ブランディングを主軸としたインテグレーション事業及びインターネット広告事業を行っている。インターネット広告事業では、パーソナルブランディングを中心とした中小企業・個人事業主向けのコンサルテーションを展開、全国の各新聞社と共同で個人事業主、士業を紹介する「マイベストプロ」を運営している。
■マイベストプロ
http://mbp-japan.com/
■株式会社ファーストブランド
http://www.firstbrand.co.jp/

 


士業・個人事業主必見!売り込まずに集客する方法

個人事業主・士業が永続的な集客を実現するには、自らの価値を知り、それを広く世の中に認知させる「パーソナルブランディング」が重要だ。個人事業主・士業と消費者とのマッチングを支援する専門家WEBガイド「マイベストプロ」を展開するパーソナルブランディングのプロ・河本扶美子氏が、豊富な経験で得た事例を通して、その効果から構築までのステップを説く。

「士業・個人事業主必見!売り込まずに集客する方法」

⇒バックナンバー一覧