ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

中国各地の支社総経理は中国人に任せ現地化を進める
バッテリー型フォークリフト市場シェア20%達成!
――高田雅章・ニチユフォークリフト(上海)副総経理に聞く

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第84回】 2012年10月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

14年前に中国に進出し、中国のフォークリフト(バッテリー車)市場で20%のシェアを持つニチユフォークリフト(上海)副総経理の高田雅章氏に同社の中国事業展開について聞いた。

バッテリー車は環境に良く
政府方針にも合致する

高田雅章・ニチユフォークリフト(上海)有限公司副総経理

――フォークリフトには「バッテリー車」と「エンジン車」があるんですね。

 そうです。日本のフォークリフトはバッテリー車の方が多く、全体の60%を占めています。弊社は創業75年のフォークリフトのバッテリー車専業メーカーで、日本市場では約30%の市場シェアがあります。中国では1998年にニチユ(上海)を設立し直販をスタートしました。

 中国のフォークリフト市場(バッテリー車とエンジン車の全体)は2011年に23.3万台(昨年比22.6%増)に到達し、アメリカを抜き世界一の市場となっています。ただ、弊社も含めた外資メーカーの市場シェアはまだ15%程度しかなく、低価格を武器にしたローカルメーカーが市場のほとんどを占めています。

ニチユのバッテリーフォークリフト「プラッター」

 中国ではこれまで、エンジン車の利用がほとんどでしたが、最近バッテリー車の利用も増え、全体の20%を占めるようになっています。開発・生産に技術力が必要なバッテリー車は、外資メーカーのシェアが40%を超えており、弊社ニチユも20%の市場シェアがあります。

 中国ローカル企業がフォークリフトを調達する際、エンジン車とバッテリー車に分けて、それぞれ入札で調達先を選びます。入札でニチユと競合するのは、エンジン車をメインに取り扱っている日系他社よりも、欧米系メーカーなどになるケースが多いです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧