ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

結婚式に会社の人は呼ぶべき?呼ばなくていい?
招待されなかった上司・部下の複雑な本音

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第75回】 2012年10月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 秋になると、結婚式に出席するために着飾った数多くの人がホテルやブライダル施設で見受けられるようになります。2012年は「震災で『絆』が深まり、結婚する人が増える」などと指摘されましたが、実際には劇的に増えたわけではないと言われています。それでも年間約70万組のカップルが誕生するなかで、2人が意外にも頭を痛めるのが披露宴等に呼ぶ招待客の選定です。

 最近は家族、友人などの身内を大事にして、職場の同僚を呼ばないケースが増えてきています。ただ、上司や同僚を披露宴に呼ばなかったことで、その後の人間関係に問題が生じたと頭を抱える人も少なくありません。では、どうしたら本人も周囲も満足できる披露宴を開くことができるのでしょうか。

プロポーズから半年後に結婚へ!
急きょ披露宴の準備をすることになり…

 食品専門商社で渉外としてお客様まわりをしているDさん(25歳)には、学生時代からつきあっている彼女がいます。その彼女に今年の春にプロポーズをすると、うれしいことに「こんな私でよければ」と、彼女は快諾をしてくれました。

 そこで、せっかちなタイプのDさんは早速、夏休みに彼女の両親に会い、

 「お嬢さんをください」

 と頭を下げて、結婚の了承を取りました。すると彼女の両親も意外とせっかちで、

 「ならば、披露宴は今年の秋にはした方がいい」

 と、急かしてきました。ただ、めでたい話でもあるので、Dさんは彼女と結婚情報誌を買って、早速披露宴のダンドリを勉強し始めました。すると、披露宴までの準備期間は半年以上かかるのが一般的であることがわかりました。どうしよう、ならば披露宴は来春にしようかと時期の変更を彼女に提案しようとした時でした。

 「実は、できちゃったの…」

 なんと、彼女から驚きの一声が返ってきたのです。2人の子どもは、来春には誕生することが発覚。ならば、秋に何とか披露宴を行わなければ…と、Dさんと彼女は準備のために週末の時間をすべて使う決意をし、動き始めました。

 さて、ゼクシィの「結婚トレンド調査2011」によると、披露宴に挙式、2次会を含めてカップルが使う費用の平均額は、約350万円。ここ5年で約45万円増えており、増加傾向にあるといいます。これは会場の装飾などに加えて、ドレスや演出に対してコストをかける傾向があるためのようです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧