Digital Experience! TOP>DIAMOND online>吉田克己のGlobal e-idea Tracking
吉田克己のGlobal e-idea Tracking
【第4回】 2012年10月11日
著者・コラム紹介
吉田克己  [5時から作家塾(R) 代表/World Business Trend Tracker 主宰]

何でこんなものを開発したのか?!
その裏には、ビル・ゲイツの
教育に懸ける気持ちが……?

ベンチャーは成功したら次のベンチャーを育てるべし

こんにちは、「元・電子書籍フォーキャスター/World Business Trend Tracker」の吉田克己です。お陰さまで「Global e-idea Tracking」も4回目を迎えました。今回お送りする第4弾では、最新の通信技術を生かした双方向性サービスなどを取り上げます。

聞いたこともなければ見たこともない!
デジタルテレポーターって何?

 どんなタイトルだったか忘れてしまいましたが、火星と地球のあいだをテレポーテーション(瞬間移動)するためのマシーンが登場するSFマンガのなかに、以下のようなシーンがありました。

 人間を火星から地球へ“飛ばしている”途中で送信側のマシーンが故障し、地球側に体が半分くらい現れたところで止まってしまいます。火星側に目を移してみると、マシーンのなかで人が黒焦げになっていたことから、このマシーンの仕組みが利用者にばれてしまいます。

 なんと、物体を転送していたのではなく、送信側で組成・構造をスキャンしてそのデータを送り、受信側ではコピーを瞬間合成していたのです。そして、この世に同じ人間が2人いてはまずいというので、送信側の物体は超高温で焼却、蒸発させていたという落ちです。

 前置きが長くなりましたが、最初はマイクロソフトの研究機関「マイクロソフトリサーチ(Microsoft Research、MSR)」がデジタルテレポーター「Illumishare」を開発したという話題です。

Microsoft's digital teleporter for real-world objects(2012.08.06)

Share physical objects remotely with Microsoft's IllumiShare(2012.02.28)

 もちろん、テレポートは大袈裟な物言いで、実際には「遠隔地の物体を共有するためのカメラ付きプロジェクタ」です。

 こんな感じで使えます(百聞は一見に如かず!)。

Illumishare(2min51sec)

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

吉田克己  [5時から作家塾(R) 代表/World Business Trend Tracker 主宰]

京都大学工学部卒。リクルートを経て2002年3月に独立。ダイヤモンド・オンラインでは、「消費インサイド」「デジライフNAVI」「就活の法則」などの企画・執筆に携わる。通信講座「『週刊ダイヤモンド』でビジネストレンドを読む」の講師を務める。編・著書に『三国志で学ぶランチェスターの法則』『シェールガス革命とは何か』『元素変換現代版<錬金術>のフロンティア』ほか。


吉田克己のGlobal e-idea Tracking

ところ変わればITも変わるようです。数ある海外発のデジタル製品やITサービスで、日本人の発想にはない、それぞれのお国柄ならではとも言えそうな製品やサービスをあれこれ紹介。新しいIT活用のヒントを発見していきましょう。

「吉田克己のGlobal e-idea Tracking」

⇒バックナンバー一覧