HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

調理法でリスクが変わる?
前立腺がんとフライパン

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第120回】

 定年をにらんだ50代後半ころからじわじわ表面化してくる前立腺がん。診断・治療法が進化したので、死亡率は減少傾向にある。進行が非常に遅いタイプが多く、直接的な死因になる人は一部にすぎない。とはいえ、第二の人生の引き出物が「告知」ではツマラナイのは確か。少しでも発症リスクを減らしておきたいものだ。

 手始めとして「焼き肉で一杯」は控えめに、タンパク質は焼き物より豆腐や刺し身、肉や魚の煮物で摂取することをお勧めしたい。というのも、南カリフォルニア大学の研究グループから先月報告された研究によると、フライパンや直火など高温でウェルダンに焼き上げた肉の摂取は、前立腺がんリスクを上昇させるらしいのだ。

 対象者1096人、早期前立腺がん患者717人、進行前立腺がん患者1140人の3グループで比較した結果、豚肉や牛肉など赤身肉を週に1.5回以上、フライパンでこんがり焼いて食べる男性は進行前立腺がんのリスクが30%も上昇した。また、直火焼きなど高温調理の赤身肉を週に2.5回以上食べると、リスクは40%まで上昇するという。ステーキよりも、中までよく火が通りやすいハンバーグが危ない。

 一方、同じグループで鶏肉のリスクを調べたところ、フライパン調理では同じくリスクが上昇したが、直火焼きでは逆にリスクの低下傾向が見られた。研究者は高温調理でタンパク質から発生する「HCAs」、また脂身のコゲ部分や調理の煙に含まれる「PAHs」という強力な発がん物質が関係しているようだと指摘している。おそらく低脂肪の鶏肉はPAHsの発生が少なかったのだろう。ただし、なぜフライパンでは共通してリスクが上昇したかは不明のままである。ともあれ、焼き肉の食べ過ぎは控えたほうがよさそうだ。

 幸い日本の食文化は生もの、煮物に蒸し物と、焼き物に頼らずとも多種多様な旬の味を楽しめる。日本人の前立腺がん罹患率が米国の10分の1以下にとどまるのは、人種の差よりも食文化に理由があるのは明らかだ。うまみを享受しなければもったいない。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

週刊ダイヤモンド

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧