ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

【LA発 米国大統領選ルポ】
不法移民の臨時救済策は政争の具にされたのか?
ヒスパニック票を動かす若者たちの“見えぬ明日”
――ジャーナリスト・長野美穂

長野美穂
2012年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

オバマ大統領が6月15日に発表した不法移民救済政策。レーガン政権がアムネスティ(既入国不法移民の合法化)を発表した1986年以来、実に26年ぶりに不法移民に在留許可を与えるというこの政策が、今ヒスパニック票田を動かしている。

スポットライトを浴びているのは、幼いころ、親に連れられてアメリカに不法入国してきた31歳未満の若者たちだ。投票権も永住権もなく、いつ強制送還されるともわからない彼らが、実はオバマとロムニーの闘いを左右する大きなカギとなっている。「ドリーマー」と呼ばれるそんな若者たちの素顔を通し、接戦の大統領選の行方を現地で占う。(取材・文・撮影/ジャーナリスト・長野美穂)

罪を犯しているわけではないのに……。
「イリーガル」と呼ばれる移民の若者たち

オバマの不法移民救済策によって、在留許可が得られる予定の若者の1人、メキシコ人のエレック

 「もちろん実名報道でいいですよ。写真?ええ、全然オッケーです」

 取材を申し込んだとき、エレック・ウェルタはそう言った。28歳で現在イースト・ロサンゼルス・カレッジの学生である彼は、物心ついたころからずっと不法滞在の身分で生きている。

 7歳のとき、メキシコとアメリカの国境を、米国市民だった従兄弟のパスポートを使い、叔父に連れられて通過したのを覚えている。同じ夜、エレックの母親も幼い妹たちを連れて国境線をくぐり、不法入国。すでに入国していた父と再会し、家族はそれ以来、イーストLA地区で暮らしてきた。

 両親と22歳と21歳の妹たちも不法移民であり、一番下の17歳の妹だけがアメリカで生まれた米国市民だ。

 「僕たちは、自分のステイタスを『undocumented』(正式なビザなどの書類がない)という言葉を使って表現してます。僕自身、何も罪を犯しているわけではないから。でも、もちろん『イリーガル』って呼びたい人たちがたくさんいるのもわかってるけどね」

 三つ編みにした長髪に口髭をたくわえた彼は、かなり目立つ風貌だ。

 エレックは、オンラインメディア『ハフィントン・ポスト』に、不法移民である自身の体験を連載するコラムニストでもある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

長野美穂(ながの・みほ)/東京の出版社で雑誌編集記者として働いた後、渡米。ミシガン州の地元米新聞社でインターン記者として働き、中絶問題の記事でミシガン・プレス・アソシエーションのフィーチャー記事賞を受賞した。その後独立し、ネイティブ・アメリカンの取材などに没頭。ボストン大学大学院を経て、イリノイ州のノースウェスタン大大学院でジャーナリズムを専攻。カリフォルニア州ロサンゼルスの米新聞社での記者を務め、フリーランスジャーナリストとして活動している


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧