ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森達也 リアル共同幻想論

“何となく無人島”イースター島とモアイの真実

森 達也 [テレビディレクター、映画監督、作家]
【第30回】 2009年12月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 キャビンで目を覚ます。就寝前に枕元に置いた腕時計の針は、午後6時50分を示している。ただしこの時計は日本を出たときのまま、時差の調整をしていない。日本との時差は14時間のはずだから、現在の正確な時刻は午前4時50分ということになる。そろそろ夜明けのはずだ。

 まだ薄闇のデッキに出る。船尾、つまり東側の空は、微かに明るくなっている。

 デッキをぐるりと回る。船首の向こうに黒い陸地が見える。そしてぽつぽつと見えるオレンジ色の光。現在の船の速度は20ノット強のはず。時速にすれば40キロ近く。ほとんど車の速度だ。つまり船は(多くの人が抱くイメージより)かなり速い。陸地は少しずつ大きくなり、そして明るくなる。オレンジ色の光のほとんどは街灯のようだけど、人家の灯りらしき光も見える。ゆっくりと動く光はおそらく車だろう。

 「おはようございます」

 背後からふいに声をかけられた。振り返れば、今年の春に会社を退職したばかりだという市原さんだ。デッキの手すりに手をかけた市原さんは、前方の黒い陸地をまじまじと眺めてから、「やっと来たねえ」とつぶやいた。

 「森さんはイースター島は初めてかい?」

 「初めてです。市原さんは?」

 「もちろん初めてだよ」

 「めったに来れるところじゃないですもんね」

 「そうそう」

 うなずきながら市原さんは、船尾の方向に視線を送る。水平線の上に姿を現しかけた太陽の光が、海面に一筋の光の帯を作りながら、キラキラと無数のガラスの破片を散りばめたように反射している。続々と薄暗いデッキに上がってきた大勢の乗船客たちは、双眼鏡を目に当てながら興奮気味だ。

イメージは「何となく無人島」、でも本当は違う

 見えますか?

 いや見えない。

 あれは違うのかな。

 あれは樹だよ。

 だって並んでいるよ。

 本当だ。もしかしたらあれかな。

 そんな声があちこちから聞こえてくる。隣に来た年配の女性が双眼鏡を貸してくれる。目に当てれば、海岸沿いの集落の所々に、横一列に並ぶ幾つかの黒い突起が見える。でも形まではまだわからない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森 達也 [テレビディレクター、映画監督、作家]

1956年生まれ。テレビディレクター、映画監督、作家。ドキュメンタリー映画『A』『A2』で大きな評価を受ける。著書に『東京番外地』など多数。


森達也 リアル共同幻想論

テレビディレクター、映画監督、作家として活躍中の森達也氏による社会派コラム。社会問題から時事テーマまで、独自の視点で鋭く斬る!

「森達也 リアル共同幻想論」

⇒バックナンバー一覧