ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヘイ・グループのグローバル人事・組織革新

次世代経営者に求められる資質とは(1)
見えていない着眼点を見出す「戦略提言力」

高野研一 [コーン・フェリー・ヘイグループ 代表取締役社長]
【第4回】 2012年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

グローバル化と
IT革命の意味

 いまの経営トップが次世代の経営者に期待する資質とは何だろうか。この問いに答えるためには、現在、起こっている環境の変化を正しく捉える必要がある。

 2000年前後から、グローバル化とIT革命がお互いを強め合う形で加速しつつある。IT革命により、デジタル化が進み、多くの機能は半導体とソフトウェアに集約されるようになった。コンピュータがあらゆるものの中に入り込み、通信インフラが進化し、ソフトとハードとサービスの融合が可能になった。

 こうした中で、開発コストはうなぎ上りになり、スマホ1台をつくるだけでも5000以上の知財が必要といわれる。そして、膨張する開発コストを回収するために、グローバルな規模での販売が不可欠となっている。もはや国内市場、あるいは先進国市場をターゲットとするだけでは利益を上げられない構造になってきているのだ。

 こうした新しい問題に対応するため、アップルやサムスンなどを筆頭に、多くの企業がグローバルな分業体制や、オープンなプラットフォームを活用して事業を展開するようになっている。アップルが本社を置くシリコンバレーは情報通信産業の集積地であるが、シリコンバレーはそこだけで成り立っているわけではない。

 暗号や無線通信の技術ではイスラエル、ソフトウェア開発ではインド南部の諸都市、ハードウェアでは台湾といった、世界各地の情報通信産業の集積地とネットワークを構成し、その間をユダヤ人、インド人、華僑が行き来しながら、連携して事業を展開している。いかに日本の大企業とはいえ、もはやひとつの企業体だけで問題を解決できる時代ではなくなった。問題の大きさの方が企業の器を超えてしまったのだ。

 こうした環境の変化にいち早く適応した欧米、韓国・台湾の企業の追い上げを受け、日本の多くの経営者は、かつての王者が王者ではなくなる日が来ることに、危機感を覚えているのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高野研一[コーン・フェリー・ヘイグループ 代表取締役社長]

たかの・けんいち/神戸大学経済学部、ロンドン・スクールズ・オブ・エコノミクス(MSc)、シカゴ大学ビジネススクール(MBA)卒。大手銀行でファンドマネジャーを経験した後、コンサルタントに転じ、マーサー・ジャパン取締役等などを経て現職。『超ロジカル思考』(日本経済新聞社)、『ビジネスリーダーの強化書』(日本経団連出版)、『勝ちグセで企業は強くなる』『グループ経営時代の人材マネジメント』(ともに東洋経済新報社)など著書多数。


ヘイ・グループのグローバル人事・組織革新

経営学者のジェームズ・アベグレンが、著書『日本の経営』の中で、日本企業の特徴として終身雇用、年功序列、企業内組合を挙げたのは1958年のことである。以来50年、功罪の判断はさておくとして、この「日本的経営システム」は今、様々な側面で制度疲労を起こしている。この制度疲労を改革するにはどうしたらよいか。今連載では、人事・組織に特化してコンサルティングを展開するヘイ・グループが、日本企業が共通に抱える人事・組織面での課題を4つ指摘し、具体的な解決へのアプローチを提言する。

「ヘイ・グループのグローバル人事・組織革新」

⇒バックナンバー一覧