ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

石原慎太郎氏に今、何を期待するか

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第254回】 2012年10月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

息子と親を巡る都合に左右された
石原新党立ち上げのタイミング

 石原慎太郎氏が、突然都知事を辞任した。新党を結成して、国政にチャレンジするということらしい。

 石原氏を中心とする新党の旗揚げは、これまでに何度も話題になってきたが、本人がなかなか煮え切らなかった。

 石原氏の「仕掛け」が今になったことに関しては、同氏の長男である石原伸晃氏を巡る事情が大きかったのだろう。しかし、周知のように、安倍晋三氏が新しい自民党総裁になった。

 一時は本命視されながらも、自らの失言などで評価を落として敗れ去った石原伸晃氏には、少なくとも今後しばらくの間、再びチャンスが巡ってくる可能性はないだろう。

 なかなかに子煩悩であるらしい石原慎太郎氏の国政への転身表明が「今」の時期になった背景には、どうしても、息子の都合が見えてしまう。この点に関しては、石原氏を中心とする新党に期待を持って、結果的にあまり有効でないタイミングで政権と国民新党を離れた亀井静香氏などは、相当に腹を立てているようだ。

 亀井氏に限らず、当時「石原新党」を期待して走り出した人々は、石原慎太郎氏が腰を上げないことで、少なからず辛い思いをしたことだろう。

 では、今は、タイミングとしてどうなのか。

 民主党でも自民党でもない「第三極」の立ち上げ時期としては、橋下徹氏が率いる日本維新の会への国民の支持にひと頃の勢いがない今の時期よりも、もう少し前のタイミングで維新の会との本格的な連携を打ち出して名乗りを上げた方が、インパクトがあっただろう。

 今となっては、日本維新の会も、今後形を表すはずの「石原新党」も、国民にとって魅力的で政治的な実力を伴った十分な数の「候補者」を立てられそうにない事情が、多くの国民に見えてきた。人気や「風」だけで、短期間に良質な候補者を集めることは難しい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧