ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

フリーライダーとデフレを食い物にする
官業ビジネスの弊害

高田直芳 [公認会計士]
【第22回】 2009年12月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回コラムでは、自動車三大メーカー(トヨタ・ホンダ・ニッサン)を取り上げた。今回はエレクトロニクス業界として、ソニー・富士通・NECの業績を検証する予定でいた。ところが、これが「難攻不落トリオ」なのである。

 ソニー・富士通・NECの決算書を見た人なら、すぐにわかるだろう。09年に入ってからの四半期すべてが、赤字決算の連続。富士通についてはファナックの株式売却益によって、09年9月期に黒字を確保したが、その売却益を消去すればソニーやNECと「同じ穴のムジナ決算」だ。

 黒字決算の企業に対する分析手法は、世の中に山ほどある。経営危機に陥って倒産した企業に対する経営分析も星の数ほど存在する。ところが、赤字決算を続けていながら、経営危機を心配されない企業に対する経営分析というのは、古今東西、聞いたことがない。

 こうした「健全なる赤字決算」はどう分析したらいいのだろう、と考えあぐねていたときに、姪っ子から「おじさま。業績がヒドイと、どうして分析の対象にならないのですか?」と問いかけられた。

 失礼ながら、シロウトはときどき、専門家がハッとするような言葉を投げかけてくることがある。彼女は「業績が悪いはずなのに、ソニーも富士通もNECも、企業活動を続けているわけでしょう?」と畳み掛けてきた。

 確かに、彼女の言う通りである。「健全なる赤字決算」を続ける企業こそ、分析対象として「おいしい」と考え、取り組むべきである。

 20世紀初頭にケインズ経済学が登場したときは、別名「不況の経済学」と呼ばれたものだが、ソニー・富士通・NECについては「不況の経営分析」とでも称して、次回、俎上に載せたい。

 実は、解析処理もコラムも完成している。あとは3社のデータに、もう少し哀愁を漂わせたいものだ、と考えているところだ。

 ということで、今回は官業ビジネスの「弊害」と「不思議」を取り上げる。サラリと軽めではあるが、毒舌の風味を楽しんでいただきたい。

企業努力を怠らない民間企業
ぬくぬく生きながらえる公共団体

 本連載コラムの第7回ではユニクロ(ファーストリテイリング)、また、第8回ではニトリとポイントを取り上げた。明暗分かれる流通業界では「明」の代表格として、これら3社はマスメディアなどで再三にわたってとりあげられる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧