Digital Experience! TOP>DIAMOND online>嶋浩一郎のビジネスパーソンが知っておきたいPR・編集講座
嶋浩一郎のビジネスパーソンが知っておきたいPR・編集講座
【第6回】 2012年11月15日
著者・コラム紹介
嶋 浩一郎 [クリエイティブティレクター・編集者・博報堂ケトル代表取締役社長]

今話題の「まとめサイト」
企業サイトにとっての秘密兵器に【後編】

「NAVERまとめ」で編集エクササイズ

全国のビジネスパーソンの皆さん、2週間ぶりのごぶさたです。この2週間で街はすっかり年末・クリスマスムードに変わってきましたね。さて、この連載ではなぜか突然企業サイトやキャンペーンサイトの担当者になってしまったウェブ初心者、PR初心者の皆さんのために毎回使えるティップスを提供しています。今回は前回に続いて「まとめサイト」に注目してみたいと思います。

 前回「まとめサイト」が、あなたの企業サイトや商品サイトの強い味方になるというお話をさせてもらいました。たとえば、あなたがアパレルメーカーに勤めていたら「今年のリクルートスーツの傾向」とか、あなたがもしお菓子メーカーに勤めていたら「家飲みに合うお菓子10」など、時勢に絡んだ情報をうまく「まとめ」ておけば、ネットニュースの関連サイトとしてリンクが貼られる可能性があるわけです。

 何しろ、ネットニュースは毎日毎日大量に作られています。そのネットニュースの編集者の最も重要な仕事は掲載する記事の内容をより読者にわかりやすくするために、ネット上から「関連ニュース」や「関連サイト」を探して来てリンクを貼ること。

 だから「リクルートスーツの傾向」というまとめサイトは就職に関するニュースの、「家飲みに合うお菓子」は年末商戦のニュースの「関連サイト」になる可能性が高いのです。ネットニュースからのリンクが自分のサイトに張られたら、ネットニュースを読んだ人たちの流入が期待できるわけですから、それはぜひ狙いたいところです。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

嶋 浩一郎 [クリエイティブティレクター・編集者・博報堂ケトル代表取締役社長]

1993年博報堂入社。企業のPR活動に携わり、2004年「本屋大賞」を立ち上げる。06年には、既存の手法にとらわれないコミュニケーションを実施する「博報堂ケトル」を設立し、「島耕作×ザ・プレミアム・モルツ」など数々の広告キャンペーンを担当。雑誌「ケトル」編集長。『ブランド「メディア」のつくり方』など編・著書多数。


嶋浩一郎のビジネスパーソンが知っておきたいPR・編集講座

今、情報を収集する側にも“PR”と“編集”のスキルが求められています。現代は、集めた情報と情報の化学反応が新たな価値とマーケットを創出する社会だからです。メディアの特性と文脈を読むプロフェッショナルの手法をビジネスパーソンに活用してもらうための講座です。

「嶋浩一郎のビジネスパーソンが知っておきたいPR・編集講座」

⇒バックナンバー一覧