ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グロービスMBA講座 基礎編

【第2部:マーケティング】
マーケティングの役割

株式会社グロービス
【第5回】 2007年10月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 企業活動の原点にあるのは顧客だ。顧客との接点となるマーケティングは、生産や営業、開発、財務、人事などの機能を統合する役割を担っている。マーケティング戦略は全社レベル、事業レベル、製品レベルで「売れる仕組み」を追求していくが、それぞれの戦略レベルにおける整合性や経営方針との一貫性が大切である。

企業経営におけるマーケティングの意義

 企業は経営理念という枠組みの中で、外部環境と自社の経営資源から戦略を特定していくが、外部環境の中で最も重要な要素の1つは市場環境である。市場は日々変化していく。市場から拒否された企業は収益を確保できなくなるため、市場環境の構造的変化をいち早くキャッチし、現在または将来の環境に合致した経営戦略を策定することが必要になってくる。市場環境の変化を踏まえて企業の進むべき方向性を見出し、経営戦略や事業活動に落とし込んでいく役割を果たすのがマーケティングである。

 企業は生産、営業、開発、財務、人事などのさまざまな機能の集合体だ。顧客がすべての企業活動の原点であるという考え方に立てば、顧客を中心に据えて、顧客の期待に応えるべく各機能がそれぞれの役割を最大限に果たさなくてはならない。マーケティングは、顧客の期待を明確化し、顧客ニーズの充足を保証するために、企業内のさまざまな機能を統合する役割を担っている。

他部門とマーケティング部門の関係

 顧客接点となるマーケティングは、他部門の活動にもさまざまな影響を及ぼしている。いくつかの部門を例にマーケティング部門との関係を検討してみよう。

 たとえば、R&D部門は製品開発に関わっている。この部門が熟知しているのは、「自社の技術でどのような製品ができるか」ということだ。そのため、技術シーズ中心の発想になりやすく、売れる可能性のない製品を開発するおそれがある。「売れるものをつくり、効率的に販売する」ためには、顧客が求めている製品をよく知っているマーケティング部門からの情報が不可欠になる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
『[新版]MBAマネジメント・ブック』

ビジネスパーソンの問題解決や意思決定に貢献してきたビジネス・バイブル。MBA取得者の実務家が、最新の情報と理論を網羅しながらMBAコースのエッセンスを紹介している。 株式会社グロービス編著。2940円(税込)

話題の記事

株式会社グロービス

創造と変革をもたらすビジネスリーダーを育成するとともに、グロービス・グループの各事業を通じて蓄積した知見に基づいた、実践的な経営ノウハウの研究・開発・発信を行っている。 グロービスのウェブサイト


グロービスMBA講座 基礎編

MBAのコアコースで学ぶエッセンスを網羅した基礎編。現実のビジネスに活用可能な形で経営理論のエッセンスを分かりやすく解説する。

「グロービスMBA講座 基礎編」

⇒バックナンバー一覧