ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
進化するWEBマーケティング戦略

ページビューでは測れない、
WebPRの情報波及のメカニズム

太田 滋 [ビルコム株式会社代表取締役兼CEO]
【第2回】 2009年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 WebPRとは、「第三者を介して戦略的に情報を波及すること」と前回紹介した。本稿では、はじめにWeb上の情報波及のメカニズムについて説明した上で、WebPRを実践する上での考え方について紹介したい。

Web上の情報波及構造について

 ニュースサイトやブログなど、Web上のメディアにおける情報の流れは、これまでのマスメディアとは大きな違いがある。テレビや新聞で配信された情報は、その日、あるいはその時に消費することが前提になっている。一定の時間が経てば、新聞や雑誌の記事は、印刷物自体を保管していないと参照しにくくなり、テレビであれば録画をする必要がある。このように、マスメディアで配信されてきた情報は、一過性という特徴をもっているのである。

 これに対して、Web上のメディアによる情報フローは、まったく性質が異なっている。たとえば、「ダイヤモンド・オンライン」が、あるニュース記事を配信したとしよう。同じ記事は、Yahoo! JAPANをはじめとしたいくつかのポータルサイトにも転載される。Yahoo!ニュースなどでその記事を読んだ人たちは、自分のブログなどに感想を交えながら記事を紹介することがある。さらに、それを読んだ人たちが、自分たちのブログや日記に紹介し、それを読んだ人たちが…… と、雪だるま式にたくさんの人を巻き込みながら、Web上に拡散していくことになる。

 加えて、Webでの情報波及は、マスメディアのように一過性のものではない。あちこちに波及したニュースは、それぞれのサイトやブログ、日記などで蓄積され、1週間後でも、半年後でもアクセスすることができる。蓄積性があるのだ。

次のページ>> PV=波及ではない
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

太田 滋 [ビルコム株式会社代表取締役兼CEO]

1976年、オーストリア生まれ。株式会社IMJで音楽配信事業の立ち上げに参画後、IMJの親会社であるスパイラルスター株式会社に出向し、アメリカ・ロサンゼルスにて現地法人の設立業務に携わる。その後、ソースネクスト株式会社でeラーニング事業、EC事業の立ち上げ、広報宣伝業務に従事したのち、2003年に統合型マーケティングPR会社、ビルコム株式会社を設立。代表取締役兼CEOに就任。社団法人日本パブリックリレーションズ協会IT委員会委員、Japan Blog Award 2009実行委員長、WOMマーケティング協議会理事長、米国NPO法人WOMMA(word of mouth marketing association)International memberなどを兼任。著書に「WebPRのしかけ方」(インプレスジャパン)がある。


進化するWEBマーケティング戦略

マスメディア広告だけではモノが売れなくなり、従来のマーケティング手法では対応できなくなった。本企画では、ネット環境の変化に伴い変化した企業のマーケティング戦略を広告、SEO、PRというそれぞれの切り口から探る。

「進化するWEBマーケティング戦略」

⇒バックナンバー一覧