ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
入門 ブランドで競争する技術
【第5回】 2012年11月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
河合 拓 [ハンズオン型 経営コンサルティング会社 ジェネックスパートナーズ(旧ジェミニコンサルティング)取締役 シニア・パートナー]

「24時間365日戦えますか?」
栄養ドリンクを飲み続けなければ、
売上げが止まってしまう日本のビジネスの問題点

1
nextpage

前回から復活した『ブランドで競争する技術』の入門編の短期連載。変化の激しい日本で、ブランドを使いながら、どうお金儲けをしていくかをお話しています。今回は、広告宣伝に依存しすぎてしまう日本人の傾向について。

テレビCMは栄養ドリンクのようなもの?

 さて、前回、世の中は成長期から成熟期に移り変わったのに、「売上」のつくり方を「フロー型」から「ストック型」に移行できないでいる人たちのことをお話ししました。多くの企業は、いまだにフロー型から抜けきれておらず、その兆候は、広告宣伝費のかけ方に表れることも少しだけお伝えしました。今回はこのことについて、もう少し詳しく説明していきたいと思います。

 20年ほど前、「ジャパニーズ・ビジネスマ~ン」という歌声で、「24時間戦えますか?」というキャッチコピーが流行りました。某社の栄養ドリンクの宣伝です。当たり前ですが、人間は24時間も働き続けると体をこわしてしまいます。しかし、当時は経済が成長していたため、世界中から日本人は「ワーカホリック」(働き過ぎ、仕事中毒)と呼ばれていました。当時、栄養ドリンクは、「本当は(24時間働くことなど)無理なのだが、できるようにするための支援ツール」だったのです。

 実は、広告宣伝費というのは、この栄養ドリンクに似ています。確かに効果的なテレビCMを数多く流せば、消費者は宣伝に影響を受け、結果的に、実際には必要のない商品を購入することもあるかもしれません。しかし、消費者にとって(本当は)必要のないものを、派手に広告を流し続けることで売り上げるのは戦略としてよいことなのでしょうか。

 世にある広告宣伝の「虎の巻」のいくつかは、こうした広告宣伝の暗部に目を背け、いかにして企業が売りたい商品(消費者が欲しい商品ではない)を目立たせ、欲しがらせるか、ということを説いています。私は、昔からこうした考えに疑問を持っていました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


河合 拓 [ハンズオン型 経営コンサルティング会社 ジェネックスパートナーズ(旧ジェミニコンサルティング)取締役 シニア・パートナー]

小売業、商社など流通、卸売業全般にわたり、事業戦略策定と実行支援など数多くの成果実現の実績を持つ。コンサルタントとして11年の経験を有し、それ以前に総合商社にて繊維・アパレルビジネスに9年間従事。欧米、アジア全域にわたり海外営業を経験。専門誌を中心に執筆多数。政策学校一新塾(大前研一創設)の卒塾生であり、現在、講師(2003年~2012年)、および、政策指導、社会起業アドバイザーを務める。

 


入門 ブランドで競争する技術

デフレ経済下で終わりのない安売り競争が続いていることが、元気のない日本の原因のひとつになっています。そこで必要になるのがブランドです。ブランドなくして市場の勝ち組にはなれないにもかかわらず、日本のビジネスマンはブランドを使いこなすのが苦手。そんな状況を少しでも改善しようと出版された『ブランドで競争する技術』の著者・河合拓氏に、強いブランドをつくり、ブランドで闘う方法の入門編を解説してもらいます。

「入門 ブランドで競争する技術」

⇒バックナンバー一覧