ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

Web2.0と自転車の組み合わせが新たな楽しみ方を提案する

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第21回】 2008年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 個人的な話で恐縮だが、僕は、自転車が好きで、体力作りのために良く乗っている。どうやら、“おやじ”の間でプチ自転車ブームが来ているようで、河原のサイクリングコースを走っていると、最近自転車の台数が増えているように感じる。

 さらに、最近はガソリン価格の高騰や温暖化もあり、自転車が短距離の移動手段として見直されていることは間違いないだろう。

 さて、僕のように自転車を体力作りやダイエットのために乗っていると、長続きしない人も出てくる。自転車やジョギングは「個」のスポーツであり、黙々とストイックに努力し続けなければならない。継続するにはちょっと辛いと思う人もいるだろう。

 最近、ジョギングをしている人の多くが、音楽を聴きながら走っている。特に、ポータブルオーディオプレーヤーが普及してきた昨今、イヤフォンをしながら走る姿をよく見かけるのだ。テープやCDプレーヤーに比べるとサイズが小さく、走って振動を加えても音が飛ぶことがない。改めて考えてみると、デジタルの進化で新しいジョギングスタイルが生まれたと言っても良いだろう。

 しかし、軽車両である自転車は、車道を通行することが基本。安全面からも、音楽を聴いて乗るのというのは極めて危険な行為だ。

 ところが、自転車マニアにはそれなりに走りながら楽しんでいるものがある。走行データの収集だ。スピードや走行距離はもとより、平均時速や心拍数などをチェックしながら走って楽しんでいるのだ。メーターやセンサーの機能が日々進化し、特にレースを志すような人達は必ずチェックしているはずだ。

インターネットで
新しい楽しみが拡がった

 今回取材したのは、サイクルメーターの新製品「emeters」(ブリヂストン)。ただし、従来の競技用メーターとは一線を画している。

 「競技を好む方が練習に使えないこともありませんが、どちらかというと、敷居の低いもう少しライトな製品です」(ブリヂストンサイクル株式会社マーケティグ本部広報担当選任部員 松本好男氏)

 計測できるのは、走行距離や時速、簡易消費カロリーなど。本格的なメーターのように、心拍数などは計測できない。たとえは悪いが、本格的なメーターがレース思考だとするなら、このモデルは万歩計のようなイメージだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧