ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
職あれば食あり

実はランチタイムもなしで働いているのになぜ?
ドイツ人以上に働くギリシャ人がなかなか稼げない理由

まがぬまみえ
【第37回】 2012年11月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本人観光客にギリシャを売り込む仕事は難しい。ギリシャ政府観光局の小玉久美さん(35歳)が言う。

 「債務危機でもギリシャはこんなに元気ですよとアピールしたら、『もっと危機感を持て』と言われそうですし、かといって、こんなに大変な状況ですと説明すると、『じゃあ、やっぱり行くのをやめよう』と思われそうで……」

 まったくもって、ジレンマだ。それでも、PRしなければならない事情がある。ギリシャの主たる産業は海運業と観光である。ギリシャが債務危機から立ち直るためには、どうしたって経済を盛り上げなければならず、それには、より多くの観光客を引きつけなければならないのだ。

 微力ながら筆者もそれに一役買えないだろうかと思い、日本にあるギリシャ政府観光局を訪れることにした。

生活臭のしない美しいギリシャでは
なぜ人間よりも猫が多いのか 

 ギリシャ政府観光局は、JR四ッ谷駅から歩いて数分のところにある。以前は赤坂にあったが、コスト削減のため、四谷にある雑居ビルの7階に引っ越して来たという。こじんまりしたオフィスでは、3人の日本人ローカルスタッフが働いている。ギリシャへの留学経験もある小玉さんの入局は2007年で、メディア&PR担当である。

 まずは、机の上にギリシャ地図を広げていただき、その正確な位置を把握する。考えてみれば、ギリシャの地図をまじまじと眺めるのはこれが初めてだ。

 「ギリシャって、こんなに島が多い国だったんですね……」

 「そうなんですよ。島は本当に美しくて、観光に行った方は『どこがいったい経済危機なの?』っておっしゃる方もいるんですけれど」と、小玉さんが説明する。

 北側には、アルバニアやマケドニア、ブルガリアといった国が見える。東側は、ギリシャ人にとっての永遠のライバル、トルコである。

 「じつは、ギリシャの観光案内を読んでいて気になったことがありまして。ギリシャをPRする写真には必ずと言っていいほど青い空と美しいエーゲ海、真っ白な建物が写っているのですが、なぜか人間の影が薄いですね。あまり生活臭がしないと言いますか……」

 「そう言われれば、そうですね」

 「それと、どうしてこんなに猫が多いんでしょうか?」

 参考までに、と見せていただいた雑誌のギリシャ特集もなぜか、猫の写真だらけである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


職あれば食あり

人は食べるために働くのか、それとも、働くから食べなければならなくなるのか。そんな素朴な疑問を解き明かすべく、さまざまな職業に従事する人々のランチと人生を追いかける。「職」と「食」の切っても切れない関係を解きほぐす、お仕事紹介ルポ。

「職あれば食あり」

⇒バックナンバー一覧