ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

Googleドキュメントが、なぜ人気なのか

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第6回】 2007年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 数年前にASP(Application Service Provider)というキーワードが盛んに取り上げられた。簡単に説明すると、従来はパソコンのハードディスクにインストールしていたアプリケーションソフトを、Web上で使おうとする仕組みだ。つまり、利用者はソフトのインストールやバージョンアップなどの作業が不要。ブラウザを起動すれば、アプリケーションを利用できるのだ。しかし、この仕組みは業務用のアプリケーションとしては利用されているものの、一般向きに使われることは、あまりなかった。

 ところが、ここへ来て徐々に色々なソフトが利用され始めている。たとえば、多くの方が使っているWeb上の地図も一種のASPといえるだろう。

 近ごろ、利用しているユーザーが増えているのがGoogleドキュメントだ。ワープロ、表計算、プレゼンテーションをWeb上で利用できるASPである。個人ユーザーが最も利用機会の多いソフトに、いよいよASPの波が訪れているわけだ。今回は、Googleドキュメントがなぜ多く使われはじめているのか、その戦略を検証していこう。

オープンオフィスもイマイチ普及しない

 オフィスソフトの世界では、「マイクロソフトoffice」が圧倒的なシェアで君臨している。これに対抗するべく、色々なソフトが登場したが、すべて敗れ去ってきた。無料で使えてファイルにも互換性のある、オープンオフィスまで登場しており、これはある意味で究極のソフトだが、普及しているとは言い難い。

 ところが、Googleドキュメントは、今までの経験では考えられないほど利用者を増やしている。もちろん、まだその存在自体が広く知られていないので、爆発的に増えているとは言い難い。だが、着実にユーザーが増えていることは間違いない。

 はっきり言ってしまえば、Googleドキュメントの機能はマイクロソフトオフィスに遠く及ばない。使い勝手に関しても、まったく劣っている。10年前のマイクロソフトオフィスにもかなわない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧