ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

「世界最高の品質」極めるこだわりの眼鏡
フォーナインズ代表取締役 三瓶哲男

週刊ダイヤモンド編集部
【第12回】 2007年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 0.05ミリメートルへのこだわりを捨てなかった。そんな頑固さのために3回クビになった。

 ファッションに敏感な30歳代を中心に多くのファンを獲得し、日本を代表する眼鏡フレームのメーカーとなったのがフォーナインズ。ブランド表記は999.9。純金の品質表示に使われる数字をそのまま社名にも使っているその意味は、最高の品質を求めるとの宣言である。

三瓶社長
フォーナインズ代表取締役 三瓶哲男

 三瓶哲男は、眼鏡の専門学校を卒業後、眼鏡小売店で販売の現場を経て、1983年からデザイナーになるべくフレーム製作の技術を学び始める。“0.05ミリメートルのこだわりでクビ”は、デザイナーとしての修業を始め、自らのブランドを立ち上げる1995年までのあいだの話だ。

 眼鏡のツルに弾力を持たせるには細くしなくてはならない。しかし、細くすると折れる危険性が高まる。そのギリギリを追求するための0.05ミリメートルだったのだが、眼鏡製造ではデザイナーよりも現場の職人のほうが権限を持っている。「どうでもいいじゃないか」という職人とケンカすれば、クビになるのは三瓶のほうだった。そんなことを3回、繰り返したのである。

ダメだったら肉体労働
追い詰められてブランドを立ち上げる

 小売店時代、理想とする眼鏡フレームがないことに気づいた。デザイナーとなってからは、前述のようにクビの連続。1991年にフリーになってさまざまなファッションブランドにデザインを提案するようになってからも、採用されることは少なかった。徹夜の連続でデザインを作っても、収入ゼロという日々が続く。追い込まれて、自分の作りたいものを作るにはブランドを立ち上げるしかないと考えるようになる。「ダメだったら、道路工事現場で肉体労働すればいい」。1995年、33歳の決断だった(法人化は翌年)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧