ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【対談】なぜ、日本では本物のエリートが育たないのか?
【第2回】 2012年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
福原正大 [株式会社IGS代表取締役],出井伸之 [クオンタムリープ株式会社代表取締役ファウンダー&CEO]

日本が変わるためには、本物のエリートが必要だ
『なぜ、日本では本物のエリートが育たないのか?』刊行記念特別対談
【出井伸之×福原正大】(後編)

1
nextpage

日本では優秀なのに、海外では評価されない。そんな現実がなぜ起こるのか。英語力やMBAを超えた「評価基準」について自らの経験に基づいて解説、話題となっているのが、福原正大氏の『なぜ、日本では本物のエリートが育たないのか?』。今回は、刊行記念として、福原氏と元ソニー会長にして世界で最も知られる日本人ビジネスマン、出井伸之氏との対談、後編をお届けします。(取材・構成/上阪徹 撮影/宇佐見利明)

自分たちを理解すれば、卑下することはなくなる

出井伸之(いでい・のぶゆき)[クオンタムリープ株式会社代表取締役ファウンダー&CEO] 1937年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。60年、ソニー入社。外国部に配属。2度のスイス赴任の後、68年にフランス赴任、ソニーフランス設立に従事。オーディオ事業本部長、89年取締役を経て、95年から2005年まで社長、会長兼グループCEO。エレクトロニクス、ゲーム、音楽、映画、保険、金融等の事業領域を持つグローバル企業へと成長したソニーを変革する。06年、クオンタムリープ設立、ファウンダー&CEOに就任。12年、NPO法人アジア・イノベーターズ・イニシアティブ設立。アクセンチュアのアドバイザリーボード、百度の社外取締役、フリービットの社外取締役なども務めている。多彩な趣味でも知られ、ゴルフ、オペラ、ワインなどを嗜む。近著に『日本進化論』。

福原 私は2010年に未来のグローバルリーダーを育成する小中高生向けスクールIGSを設立したんですが、教えるのは、自国文化からなんです。例えば、日本の哲学。そしてそれが、海外の哲学とどう異なるか。
 日本の場合、場を大切にする、武道がある、などいろいろあるわけですが、こういうことは学校では教えられない。逆に海外に出て、自分が日本人だということに改めて気がついたという人も多いんです。日本の良さも含めて。

出井 まさに、おっしゃる通りですね。

福原 でも、そうした日本についての見解がきちんと語れないと、何も語れない人間だと海外ではみなされますよね。バリューのない人間だ、と。

出井 あと、大事なのは宗教論ですね。神をどう考えるか。これも大きい。

福原 そもそも文化が違うということですね。

出井 僕はソニーに入って日本で働いた後、大学院に行くためにロンドンに行ったんですが、ちょうどいい先生がいなくて、スイスに行くことになったんです。
 ジュネーブで博士課程に進んだんですが、仰天したことがあった。当たり前のようにラテン語が使われるんですよ。授業の最後はラテン語で終わる。ところが、ラテン語をやったことがない僕にはまったく、意味がわからないわけです。今、何を言ったんだろう、って。しかも、教授との面接もラテン語でやっていたんですね。まったく文化が違う。
 でも、このとき思い浮かんだのが、ラテン語を日本で考えたら漢文だろうと。それで、漢文で対抗してやればいいんじゃないかと思ったんです(笑)。ちっとも卑下する必要なんてない、と決めたんですね。違う文明から来たんだから、と(笑)。そういうことは、体験しないとわからないんですよ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


福原正大(ふくはら・まさひろ) [株式会社IGS代表取締役]

慶應義塾大学卒業後、1992年に東京銀行に入行。INSEADにてMBAを取得。「グランゼコールHEC」で国際金融の修士号を最優秀で取得。筑波大学博士号(経営学)取得。 2000年、世界最大の資産運用会社バークレイズ・グローバル・インベスターズに転職。35歳にして最年少マネージングデイレクター、その後、日本法人取締役に就任し、アイビーリーグやインド工科大学などの卒業生とともに経営に関与。 ウォートンやIMDなど世界のトップ大学院にて多くのエグゼクティブ研修を受ける。 2010年、未来のグローバルリーダーを育成する小中高生向けのスクールIGS(Institution for a Global Society)を設立。 2011年、日米リーダーシッププログラム日本側デリゲートに選出。

出井伸之(いでい・のぶゆき) [クオンタムリープ株式会社代表取締役ファウンダー&CEO]

 

1937年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。60年、ソニー入社。外国部に配属。2度のスイス赴任の後、68年にフランス赴任、ソニーフランス設立に従事。オーディオ事業本部長、89年取締役を経て、95年から2005年まで社長、会長兼グループCEO。エレクトロニクス、ゲーム、音楽、映画、保険、金融等の事業領域を持つグローバル企業へと成長したソニーを変革する。06年、クオンタムリープ設立、ファウンダー&CEOに就任。12年、NPO法人アジア・イノベーターズ・イニシアティブ設立。アクセンチュアのアドバイザリーボード、百度の社外取締役、フリービットの社外取締役なども務めている。多彩な趣味でも知られ、ゴルフ、オペラ、ワインなどを嗜む。近著に『日本進化論』。


【対談】なぜ、日本では本物のエリートが育たないのか?

日本では優秀なのに、海外では評価されない理由を、英語力やMBAがないからだと思っていませんか? 『なぜ、日本では本物のエリートが育たないのか?』の著者である福原正大氏は、じつは英語力やMBAを超えた「評価基準」があると言います。本連載では、グローバルエリートの代表といえる方々にご登場いただき、本物のエリートについてご対談いただきます。

「【対談】なぜ、日本では本物のエリートが育たないのか?」

⇒バックナンバー一覧