ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
部下に悩む 上司のための心理学
【第1回】 2009年5月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
衛藤信之 [心理カウンセラー]

もはや上司の権力は通用しない!
部下がついてくる上司の条件

1
nextpage

 「なぜ、部下は思い通りに動いてくれないのか」

 「なぜ、期待通りに育ってくれないのか」

 こうした嘆きの声が、多くの管理職の方々から寄せられます。

 上司が命令や指示を出しても、部下は効率よく動かなくなった。たしかに、その通りなのです。では、なぜ彼らは、これまでのようには動かなくなったのでしょうか。そのことを、心理学をひもときながら考えてみましょう。

理屈で動かない部下たちに
上司の権力は通用しない

 数年前までの企業研修では、かつて全盛だった「猛烈型社員づくり」が相変わらず続いていました。会社のために、とにかく一生懸命に頑張る社員をつくろうという研修です。ところが現在は、そのような研修は見かけなくなりました。なぜなら、「猛烈型社員づくり」の研修を行なっても、何ら効果が見込めなくなったからです。

 もう、上司の言うことを聴いたからといって、将来は保証されていません。いまや企業の役職はほとんど詰まっていて、無理して役職をつくっても肩書だけのもので終わってしまう。それに、上司の命令に忠実に従ってきた社員が目の前で次々とリストラされているわけです。そういうものを見たときに、もう権力では人は動かなくなるのです。

 ところが多くの上司は、相変わらず自分が働いてきたような動機で部下を従わせようとしています。意識的あるいは無意識的に、上司の権力がまだまだ通用すると考えているのです。

 だから、心の充足を求めている部下に対して、権力を行使して部下の感情を押さえ込もうとしてします。部下の立場からみれば、「心の充足」という一番の目的が叶わなくなる。「それだったら、無理して命令に従うこともないな」と感じてしまうのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



衛藤信之 [心理カウンセラー]

日本メンタルヘルス協会代表。心理学の学派や権威にとらわれずに、難しい理論を面白おかしく説明できる逸材として、語りでは吉本風心理学の異名をとる。心理カウンセラーのなかでは顧問企業数はトップクラス。講演や研修を行うかたわら、全国で心理学のゼミナールを開催。著書に『心時代の夜明け』(PHP研究所)などがある。


部下に悩む 上司のための心理学

権威をふりかざしたリーダーシップではいつまでたっても部下は思い通りにならない。人間心理を踏まえた部下とのコミュニケーション術や魅力あるリーダーになる方法を紹介する。

「部下に悩む 上司のための心理学」

⇒バックナンバー一覧