ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

「要らない」「使えない」はもう通用しない!
まだ間に合う!「スマホ入門」

週刊ダイヤモンド編集部
【12/12/29号】 2012年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「要らない」「使えない」は通用しない
問答無用の社員全員スマホ時代

 明日から、ケータイではなく、これを使ってください。

 さわやか信用金庫(東京都港区)の56店舗450人の営業マンの元に、渉外支援端末としてスマートフォンが届いたのは2012年4月のことだった。

 「午後に端末を渡され、明日からだ、と。取扱説明書もなく、随分荒っぽいやり方でした」と、広尾白金支店の望月紀一営業第二課課長は苦笑しながら振り返る。

 それまで同信金の営業マンが持ち歩いていたケータイは、カシオ計算機製の・Gショック・ケータイ。耐衝撃性のある防水仕様で、外回りでは重宝していた。出先ですべての顧客情報の照会が可能で、集金や預かりなどの取引データを入力すれば随時サーバに格納されるという、全国の信金の中でも先進的なシステムだった。

 08年にケータイが導入される前は、多くの信金と同様、専用のハンディターミナルを使用していた。今でも全国270の信金のうち200以上はこの端末を使っているが、何しろ大きく、重く、雨にも弱い。故障も多く、1台30万円するのに、月に1台は壊れていた。それに対しケータイは、4年間で故障はゼロだった。

 また、幸いさわやか信金では例はなかったものの、全国ではたびたびハンディターミナルの紛失・盗難の事故が起こっていた。それは即、顧客情報の流出を意味する。その点、採用したケータイは、遠隔操作で中のデータを消せるという機能を装備していた。これならセキュリティ上の心配もない。

 その意味で、ハンディターミナルがケータイに替わったのは画期的だったのだが、導入から4年がたち、新たな課題も出始めていた。

 「画面が小さくて年配者には見にくいのと、画面を見ながらテンキー(数字ボタン)を操作して文字入力するというのは、決して使い勝手がよいとはいえない。また通信速度も端末の処理スピードも遅かった」と、さわやか信金の大井博史システム課調査役は説明する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧