ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

花粉症の根治もある「舌下免疫療法」から
iPS細胞で注目の再生医療までを全網羅
ここまで治る!“超”先端医療

週刊ダイヤモンド編集部
【13/01/12号】 2013年1月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

花粉症とついにサヨナラ!

 「きれいだなあ」。大量に舞う花粉に感動の声を上げた次の瞬間、ズルリ。鼻水が出た。「これはまずい」。気付いたときはもう遅かった。外科医の岸本晃男さんはスギ花粉症を発症した。

 10年前、学会に出席するために千葉県の山中を車で走っていると、スギ林で花粉が舞っていた。あまりの美しさに車を止めて外へ飛び出してしまった。それが運の尽きだった。

 くしゃみと鼻水が止まらない。集中力が保てない。患者で溢れ返る病院で診療と手術に追われる日々なのに、こんな邪魔な症状を背負っていられない──。そう思って、花粉症に効くというステロイド治療をやってみたが、食欲減退などの副作用がいろいろ出て中止した。

 飲み薬をいくつか試してみた末に2005年11月、花粉シーズンが始まる前のタイミングで、アレルギーの専門家である日本医科大学の大久保公裕教授に相談した。

 大久保教授からアレルゲン(アレルギーを起こす原因)に対する過敏性を減少させる「アレルゲン免疫療法」の説明を受けた。この治療には通院して注射する方法、自宅で投与する方法の2つがあるという。「自宅でできるなら」と、早速、後者の「舌下免疫療法」で治療を始めた。

 投与期間は花粉シーズンが始まる少し前からシーズンが終わるまで。毎日パンをちぎって舌の下に入れて、そこに花粉エキスを垂らした。

 少量から始めて少しずつ体に慣れさせ、徐々に増量。アレルゲンに接しても過敏にならない体質へと改善させていった。

 効果はてきめんだった。治療2年目から症状はすっかり軽くなり、併用していた飲み薬は大幅に減らすことができた。以来、岸本さんは花粉症に悩まされることはなくなった。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧