ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森達也 リアル共同幻想論

地下鉄サリン事件 、一通の手紙が
裁判を覆すかもしれない

森 達也 [テレビディレクター、映画監督、作家]
【第60回】 2013年1月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

かつてのオウム青山総本部のビルの前で

 かつてのオウム青山総本部のビルの前で、僕はしばらく立ちつくしていた。茫然としていたといってもいい。いまだにオウムの本部ビルが当時のままにあるとは、まったく予想していなかったからだ。

 だから考える。3年ほど前にオウムのサティアン群が建設されていた旧上九一色村に行ったときは、何も見つけることができなかった。サティアンどころか残骸もない。ただの草原だった。

 地下鉄サリン事件翌年の96年、サティアンはすべて解体された。その翌年には跡地に「富士ガリバー王国」が建造された。アトラクションの目玉は敷地に横たわる身長45メートルのガリバーだ。別に動くわけではない。ただ横たわっているだけ。しかもアクセスは悪い(徒歩圏に駅がない)。集客できるわけがない。結局「富士ガリバー王国」は2001年に閉園した。閉園後の跡地は心霊スポットとなり、2004年には飼い犬を自由に走らせることができるというアミューズメント施設「ザ・ドッグラン」がオープンしたが、これも翌年には閉園し、宿泊施設建設を目論んでその跡地を買い取った不動産会社は、2008年に倒産した。

 サティアン群跡地の変遷が示すように、ポストオウムは言い換えれば、オウム的なものを無理矢理に抹消しようとする過程でもあった。何でもいいから消し去りたい。上書きしたい。忘れたい。視界から外したい。

 でも日本社会にとって悪夢の記憶ならば、なおのこと絶対に抹消すべきではない。アウシュヴィッツやビルケナウなどホロコーストの現場となった多くの収容所は今も残されていて、大勢の人が記憶を刻むために訪れている。クメール・ルージュが政治犯を拘束して拷問や虐殺をくりかえしたS21収容所も当時のままに残されて、今は国立の虐殺博物館となっている。原爆の直撃を受けた広島県産業奨励館は原爆ドームとなって、核兵器の悲惨さを訴え続けている。

 ところがオウムには何もない。見事にない。そもそも重大な証拠物件であるサティアンを裁判が始まる前に壊してしまったことも含めて、事件後の社会はオウムを強引に消すことに躍起になった。麻原彰晃の法廷が一審だけで打ち切られるというあり得ない事態も、多くの人によって当然のこととして支持された。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森 達也 [テレビディレクター、映画監督、作家]

1956年生まれ。テレビディレクター、映画監督、作家。ドキュメンタリー映画『A』『A2』で大きな評価を受ける。著書に『東京番外地』など多数。


森達也 リアル共同幻想論

テレビディレクター、映画監督、作家として活躍中の森達也氏による社会派コラム。社会問題から時事テーマまで、独自の視点で鋭く斬る!

「森達也 リアル共同幻想論」

⇒バックナンバー一覧