富士重工業の株高でトヨタの笑いが止まらない?
スバルは「とんがったクルマ」でいられるのか

1
nextpage

 2012年10月30付の日経産業新聞で、伊フィアットの最高経営責任者が、自動車業界生き残りの条件として1社あたり「最低でも年600万台(の生産)が必要」と述べていた。その少し前に公表されたトヨタ自動車『アニュアルレポート2012』を参照すると、「競争力を生む国内300万台生産」が掲載されていた。

 600万台といい300万台といい、作るほうも大変だろうが、都心の道路を走らせるドライバーのほうも大変だ。スクラップされる車の数を差し引いても、都会の道路は混雑する一方である。

 年末年始、混み合うスーパーマーケットの駐車場で、フェンダーミラーぎりぎりに対向車とすれ違う。そのとき筆者が思わず「おっ!」と振り返ったのが、スバルのレガシィだ。

 「スバリスト」と呼ばれるほど、富士重工業(本文では「富士重工」と略す)の車を支持する人は多い。「いい車だなぁ」と見惚れてしまう瞬間だ。

 日本自動車販売協会連合会「統計データ」を参照すると、トヨタ・日産・ホンダの三強に、スズキ・マツダが続いて、その後にようやくスバルのレガシィが登場する。

 自動車メーカーの売上高規模でいえば、富士重工は8社中、どん尻の8位だ。2012年3月期における販売台数は、国内外合わせて64万台にすぎない。1社で600万台や300万台といった数字と比べられると、富士重工はジリ貧メーカーだ。

 ところが、である。

 株式投資をしている人なら、ご存じであろう。富士重工の株価は、過去十年を振り返ってみても、いまが最高値にある。連日、高値を更新しているといっていい。絶好調企業なのだ。

 連載が100回ともなれば、ビッグメーカーを扱った大型企画の一つでも、と意気込むところだ。そうはいかない。大手の自動車メーカーの100分の1、または全世界シェアで1000分の1しかない富士重工にこそ、経営戦略を読み解く鍵が隠されている。その是非を、以下で問うてみよう。

1
nextpage

経営戦略 一覧ページへ

媒体最新記事一覧

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧