ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

米国の「出口政策」と今年のマネー運用

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第112回】 2010年1月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今年のマネー運用で最も重要なポイントは米国がいつ金融緩和政策の「出口」への動きを見せるかだ。日本株を中心に考えるとしても、最重要ポイントはここだ。

 昨年、「急落に対するリバウンドがあるはずだ」という想定は、おおかたにとって、実体経済と株価の両方に関して可能だっただろう。このリバウンドが一巡した後を支えているのは、FRB(米連邦準備制度理事会)をはじめとする世界の中央銀行による流動性の供給だ。特に米ドルの短期金利がゼロ%近辺にあることの影響は大きく、低コストな資金が、新興国の株式や不動産、あるいは金を筆頭とする商品などに投資されており、一種のミニ・バブル的なブームが小規模ながらほうぼうに起こっている。

 中国をはじめ新興国の経済は順調に回復しており、これが日本の生産の回復をも後押ししている。新規国債の発行上限額にこだわる民主党政権の経済政策運営には心配もあるが、日本の経済も現状を出発点とすると、今年はプラス成長になる公算が大きい。日本の経済も株式市場も世界の中でのプレゼンスを低下させつつあるが、外国が好調であればプラスの効果が表れるのが自然だ。

 米国をはじめとする先進国の金融緩和の効果が、新興国など他国に漏出していることは、各国の政策当局ですでに認識されているようだ。

 しかし、FRBは米国内の雇用の回復に明確な証拠を確認しなければ、金融緩和の「出口」は明示できないだろうし、政策金利の引き上げはさらにその後になるだろう。そして、米国のガイトナー財務長官は、12月23日のインタビューで雇用の回復は春以降となる公算が大きいとの認識を示した。

 こうした状況で今年のマネー運用はどう考えたらいいだろうか。

次のページ>> 注目は米国の失業率
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧