ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中谷彰宏の人生道場

中途はんぱな企画は、誰にもヒットしない。

~ プラス1%の企画力 No.003 ~

中谷彰宏 [作家]
【第13回】 2008年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー

『中谷彰宏の人生道場』テーマ第2弾は、「企画力」です。企画力と一言でいっても、「本当の企画力とは何か」をわかっている人は多くありません。企画した“つもり”になっている人が非常に多いのです。人に感動を与えたり、人を楽しませたりできる、質の高い企画を生むためには、「1%でもいいからプラスしたい」という強い思い入れが重要。これまで、数えきれないほどの企画を自ら作り、またさまざまな人たちの企画も見てきた経験を持つ中谷彰宏が、「本当の企画力とは何か」を伝授します。


中途はんぱな企画は、
誰にもヒットしない。

 

 企画で大切なのは、アバウトなとらえ方をしないということです。「この辺には犬が多い」、そんなアバウトなとらえ方ではダメです。「何時台に多い」というとらえ方をするのです。

 「この辺は学生さんが多い」では、アバウトです。学生さんはどの時間帯にここを通るか、決まっているわけです。

 アバウトは、別の言い方をすると、中途はんぱです。中途はんぱな企画が、最もよくない企画です。疲れてヘトヘトになるのがよくないのと同じように、中途はんぱなことをやってはいけません。

 中途はんぱなことをやると、1人のお客様にもヒットしないのです。「平均的にOLさんは今どういうことを望んでいるの?」とよく言います。でも、平均的なOLなんていません。
 
 1人1人みんな違います。平均値をとってしまったら、そこには誰もいないのです。

 「うちに来るお客様はオジイチャン、オバアチャンと子供さんが多い」という場合、平均値をとると、35歳から45歳ぐらいになります。35歳から45歳の人は1人も来ていないのに、平均値はそうなってしまいます。
 
 これがアバウトなとらえ方です。「今のOLさんに向けて」といった中途はんぱなやり方はしないことです。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
中谷彰宏氏の最新刊『なぜあのリーダーに人はついていくのか』好評発売中!

何もやっていないように見えて、部下に慕われるリーダーは凡人管理職とどこが違うのか。その哲学と具体的な行動様式を分析し、慕われる優れたリーダーの条件をわかりやすく紹介。1365円(税込)

話題の記事

中谷彰宏 [作家]

1959年4月14日、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立。ベストセラー「面接の達人」シリーズを含め、著書多数。中谷彰宏公式ホームページ
ダイヤモンド社の中谷彰宏の本


中谷彰宏の人生道場

中谷彰宏が贈る、心に残るメッセージ集。仕事術から生き方まで、自分を鍛え、夢を実現するための熱きメッセージがいっぱい。

「中谷彰宏の人生道場」

⇒バックナンバー一覧