ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

国税庁はこわい役所だが、ホームページは親切だ

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第4回】 2007年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 総務省統計局のサイトと並んできわめて有用な情報を提供してくれるのは、国税庁のホームページである。

 有用な情報があるだけでなく、サイトが利用しやすい構造になっている。これを見ると、利用者の立場を考えて作ってあることがよくわかる。

 これまで述べたように、多くの官庁サイトは、利用者の便宜でなく、情報提供者の都合で作られている。したがって、税に関する情報であれば、制度に従って(つまり、税法に従って)整理されていても、不思議ではない。仮にそのようになっていると、税制を知らないかぎり必要な情報が得られないことになる。

 国税庁のホームページでは、制度に従った情報提供もなされているのだが、納税者の立場で知りたい形でも提供されている。たとえば、「金(きん)の入れ歯を作ったとき、それは医療費控除の対象になるのか?」といった形で情報が提供されている。

 国税庁は、官僚機構のなかで、国家権力が最もあからさまな形で現れるところだ。払いたくなくとも強権的に税金を取られてしまうわけだし、ごまかしをして発覚すれば、面倒なことになる。できれば近づかないですませたい役所だ。

 同じように強権的な機構である警察は、悪事を働かなければ、一生近づかないですむ。しかし、給与所得以外の所得を得ているかぎり、税務署と無関係でいることはできない。

 だから、国税庁や税務署が「まともな」役所であることは、きわめて重要だ。納税者としての私は、国税庁や税務署に親しみを抱いたり好きになったりはけっしてできないが、日本の官僚機構のなかで最も良質な部分であることは認めたいと思う。それが、ホームページにも現れている。

 後の回で述べるつもりだが、社会保険庁と国税庁のホームページを比べると、差は歴然としている。社会保険庁のホームページを見てきた私にとって、暴露されたずさんな年金記録問題は、不思議でも何でもなかった。国税庁が社会保険庁と異なるレベルの官庁であったことは、日本国民にとってせめてもの幸せである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
野口悠紀雄氏の最新刊「円安バブル崩壊」好評発売中!

急激な円高と止まらぬ株価下落。日本経済はいまや深刻な危機に。「サブプライムショック」はあくまでも引き金に過ぎない。根本的な原因は、あり得ない円安・低金利政策にある。経済政策の無能を厳しく指弾する痛快経済エッセイ! 1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

本当に使える情報源を求めて、野口教授が広大なインターネット・ワールドを駆けめぐる。各種情報源の特徴から使い勝手まで、辛口コメントを交えて大公開!

「野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道」

⇒バックナンバー一覧