ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
本当に強い会社が実践するレジェンドマーケティング

スタートトゥデイの「伝説」「表現」「伝染」とは

宇都雅史 [インターネット・ビジネス・フロンティア代表取締役]
【第4回】 2009年9月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 第4回では、株式会社スタートトゥデイさんの「伝説」「表現」「伝染」に迫ります。 中期的計画の流通総額目標は年商1000億円。目標を達成し、アパレル業界をより良くしたいという同社。今回のコラムが、同社特集の最終回となります。同社の「伝説」「表現」「伝染」を確認していきたいと思います。

 「アパレル業界で問題になっているのが、「在庫」の問題。大量生産をしたが売れない。売れないのでセールを開催。セールでも売れないとアウトレットへ、ここまでして売れない商品は廃棄へ……。このような負の循環を断ち切りたい」

 「経済的成長」を追及することで起こる「弊害」。しかしながら、世の中を良くするための影響力・発信力を持つためには、経済的成長なくして語る事はできない。したがって、経済的結果を残し続け、「発信力」「影響力」を持ちたい。経済的成長の矛盾点を広く世の中に伝えたい。そう語る前澤社長。

 同社に象徴的なエピソードがあります。

【伝説・表現】「N」「O」「W」「A」「R」

 2007年12月11日。「経済的成長なくして語る事はできない」この言葉どおり同社が見せてくれたセレモニーを紹介したいと思います。上場を記念して鐘を鳴らす同社の経営陣が手にしていたのは、黒のカラースプレーでした。報道陣の前で、白いTシャツを着た経営陣が鐘を鳴らす前に胸に刻んだ文字。それが、「N」「O」「W」「A」「R」でした。

2007年12月11日、スタートトゥデイの株式公開日。東京証券取引所にて

 「世界を平和に」同社の思いを株式公開という記念すべきパブリックカンパニーに名を連ねた日に、力強いメッセージを社会に発信したのです。

 調べたわけではないですが、恐らくこのようなセレモニーを行った上場企業は、日本初ではないでしょうか? 周囲の反応に臆することなく、各メディアから注目を集める日に、今までどおり同社の存在理由を堂々と発信してくれたのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宇都雅史 [インターネット・ビジネス・フロンティア代表取締役]

1977年生まれ千葉県出身。21歳の時に、父の会社が倒産。倒産後の処理を手伝う。東海大学法学部卒後、コピー機販売・ネットベンチャー企業を経て同社設立。売上直結型SEO・サイト制作・運営までをワンストップで提供し企業サイトの業績UPに貢献。著書に「消えるサイト、生き残るサイト」(PHP研究所)。
インターネット・ビジネス・フロンティア株式会社


本当に強い会社が実践するレジェンドマーケティング

「本当に強い企業」が実践している一連のプロセスは6つのステップから形成されています。本コラムでは、この6つのステップを実践する企業を取材し、その「強さ」の源を明らかにしていきます。

「本当に強い会社が実践するレジェンドマーケティング」

⇒バックナンバー一覧