ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

喩えれば「車はトヨタ」と薦めたに等しい
前原JAL優遇発言とトンデモ航空行政

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第73回】 2010年1月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本航空(JAL)が19日に会社更生法の適用を申請し、法的整理の手続きが始まりました。企業再生支援機構が策定した再建計画に問題が多過ぎるのですが、もうその内容を批判しても詮無い話なので、日本の航空産業の強化という観点から今後はどういった点に注視していくべきかを整理しておきたいと思います。

今後は政府の役割が大きい

 その前提として、企業再生支援機構はJALという一企業の再生にしか興味がなく、日本の空とか航空産業といった観点には関心がないということを理解しておかなくてはなりません。官の資金も入ったファンドとしてそれで良いのか疑問ではありますが、安売り競争によって3年後に営業利益1100億円超という無理な目標を掲げたことからも、それは明らかです。

 そして、公的関与によって無借金ぴかぴかの企業になったJALが、公的資金という低コストの資金を使って安売り競争を仕掛けたら、競争相手であるANAなどの他社はたまったものではありません。競争上明らかにアンフェアな事態になります。

 だからこそ、例えば欧州連合(EU)では、加盟国の航空会社が公的資金による支援を受けた場合は、市場実勢よりも安価な運賃の提供の禁止や路線・便数の削減などを義務づけられており、それに違反した場合は、EU域内での運行制限や莫大な課徴金を課されるようになっています。

 また、EUは対外的にもこの方針を堅持しており、例えば2001年の同時多発テロ(9.11)の際には、米国政府が米国の航空会社に1兆8千億円の公的支援を行おうとすると、“支援を行ったら米国航空会社のEU域内への運行を制限する”と表明しました。その結果、米国政府による公的支援は大幅に減額されたのです。(ちなみに言えば、今回のJALへの“過剰支援”について、国交省がちゃんと事前にEUに相談したのかも疑問です)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧