ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップPLUS

800万ダウンロードゲームアプリ
「パズル&ドラゴンズ」大ヒットの理由は、
ソーシャルゲームではなかったから!?

野隅望里
【第18回】 2013年2月20日
1
nextpage

昨年、株価が10倍に跳ね上がったゲーム会社がある。その名は、ガンホー・オンラインエンターテインメント。昔から「ラグナロクオンライン」などの人気PCオンラインゲームでは知られた存在ではあったが、ゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」が800万ダウンロードを達成、いまや月商10億円以上という業界内の噂も駆けめぐり、株価も跳ね上がった。「パズル&ドラゴンズ」の、いったい何が面白いのだろうか。コンテンツ業界の片隅でひっそりと生きる、パズドラ好きなサラリーマンに語ってもらった。

「パズドラはソーシャルゲームではない?」
これだけの理由

 家庭用ゲーム専用機以外で遊ぶものをすべて「ソーシャルゲーム」と乱暴にくくった場合、ゲームジャンルとしては「カードバトル」タイプのゲームが圧倒的に多いのですが、パズドラは「パズル&ドラゴンズ」というタイトル名が示すとおりパズルで戦います。制限時間内に同じ色の石をいかに多くつなげるかで相手に与えるダメージが決まる、という珍しいシステムなのです。

 このゲームの内容をかなりざっくりまとめると、

 ・ダンジョンに潜入して、次々と立ちふさがるモンスターを倒していく
 ・たまに倒したモンスターを捕まえて仲間にできる
 ・そうやってモンスターを集め、鍛え、より強敵の出現するダンジョンを目指す

 ――という、それだけ聞くと実にオーソドックスなシステムのゲームです(ただ、そんなありふれた枠組みの中に目新しい仕掛けが採り入れられているのがパズドラの妙です。詳しくは後ほど)。

 パズドラも、「基本無料でアイテム課金」やスタミナ制などのソーシャルゲーム風の味付けはしてありますが、実体は、どちらかというと昔ながらのテレビゲームという感じです。本連載「ソーシャルゲームの何が問題か」ではさまざまな問題が採り上げられていますが、パズドラがこの中で取り上げられた問題の要素で持っているのは「ガチャ」くらいでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野隅望里(のずみ・もり)

アナログ業界のデジタル部門で働く会社員。コンテンツ業界の片隅で10年以上ひっそりと生きる。「ゲーム業界の歩き方」(石島照代/ダイヤモンド社)のコンセプトブレーンのひとりで、第2章の会社部門の執筆担当。


コンテンツ業界キャッチアップPLUS

大好評連載「コンテンツ業界キャッチアップ」の特別バージョン。デジタルエンターテインメント業界注目の新商品やサービスを紹介します。

「コンテンツ業界キャッチアップPLUS」

⇒バックナンバー一覧