ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

グーグルの高価な新ノートPC
「クロームブック・ピクセル」は成功するか

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第234回】 2013年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 グーグルが新しいラップトップ・コンピュータ「クロームブック・ピクセル」を発表した。最近次々と自社製ハードウェアを発売してヒットも飛ばしているグーグルだが、このクロームブックについては評価が二分されている。

 何と言ってもびっくりするのは、その価格だ。Wi-fi対応型(32GB)で1299ドル、LTE通信対応型(64GB)が1449ドル。ネクサス・シリーズのタブレットで格安ぶりをアピールしてきたグーグルにしては、かなり高価だ。いったいグーグルが何を考えているのかと、業界関係者は頭を悩ませている。

MacBook Airとの比較で分かる
クロームブック・ピクセルの価格の高さ

 クロームブックは、グーグル社製ブラウザをベースにしたネットブックで、基本的にすべての作業をインターネット接続状態で行うことを前提にしている。グーグル独自のクロームブックもこれまでに出ているが、サムスンなど他社製のものもある。インターネットのブラウジング、Gメール利用はもちろんのこと、ユーチューブのビデオを見たり、ストリーミングで音楽を聴いたり、グーグルドキュメントで作業したり、ビデオ会議をやったりといった多様なことが、今やネット上で可能になっている。これを使えば、そうした作業がブラウザを立ち上げることなくスムーズに行えるというわけだ。限られたことならば、オフラインでも作業ができる。

 だが、今や多くの作業がインターネット上で可能になったとはいえ、オフラインでやることがなくなったわけではない。必要なソフトがすべてインターネット上に揃っているわけではないし、また接続していない状態で作業し、自分のコンピュータの中に保存しておきたいファイルなどもあるだろう。

 そんなこともあって、これまで出てきたネットブックは安いことが売りだった。200ドルを切る価格のものもあれば、400ドルほどのものもある。しかし、1000ドルを超える製品はなかったのだ。そもそも、ネットブックは、自分側にあるハードウェア、つまりクライアントがシン(軽快)であるというのがコンセプトだったはずなのだ。だから安い。ところが、このクロームブック・ピクセルの高価格は何だ?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧