ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「仕事」に使える数学
【第4回】 2013年3月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
深沢真太郎 [ビジネス数学の専門家/教育コンサルタント]

「割り算」を操る人、「割り算」に操られる人

1
nextpage

「割り算」は怖い!

 割り算は、便利なものです。○○単価、○○指数……、さまざまな数値を駆使し評価する指標をつくる際に使われるものです。お馴染みの「平均」という数値も割り算で導かれるものです。そう考えると、割り算を使わないビジネスなど、おそらく存在しないのでしょう。
 しかし一方で、扱い方を間違えるととんでもない答えを返してくるものでもあります。たかが四則演算。されど、四則演算。それが今回のテーマです。
 まずは、1つ例を挙げましょう。

<問題>
 6÷2(1+2)=?

 バカにしているのかとお叱りを受けそうですが、少しだけ我慢してお付き合いください。そう、「9」ですね。
 ところが、これを「1」と答える方が、驚くことにビジネスパーソンの研修などでも半数近くにのぼることがあります。
 こんな簡単な四則演算にもかかわらず、大人の答えが一致しない。これは、ある意味では驚くべき事実です。いったい、なぜでしょう。

<正しい解釈>
 6÷2(1+2)= 6÷2×3 = 3×3 = 9

<誤った解釈>
 6÷2(1+2)= 6÷2×3 = 6÷6 = 1

 ご覧のとおり、正誤の分岐点は2回目にどんな計算をするかです。
 さて、あなたはいかがでしたか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


深沢真太郎 [ビジネス数学の専門家/教育コンサルタント]

ビジネスパーソンの思考力や数字力を鍛える「ビジネス数学」を提唱し人財育成に従事。

この分野では第一人者として圧倒的な実績と指導力を持つ教育コンサルタント。
これまで延べ5000名以上の指導経験を持ち、「中学生に伝えるつもりで」を信念とする面倒見のよいキャラクターと丁寧な指導技術は多くの研修担当者に「この人でなければできない研修」「なぜ、こんなにわかりやすいのか不思議」と評される。
さまざまな大手企業の人財育成をサポートしており、大学やビジネススクールで担当した講義は100%リピート依頼がくる超人気講師でもある。
主な著書に『「仕事」に使える数学』(ダイヤモンド社)、『数学女子智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。』(日本実業出版社)など多数。一部は中国・台湾・韓国などでも翻訳され多くのビジネスパーソンに読まれている。
公益財団法人日本数学検定協会「ビジネス数学検定」1級AAAは国内最上位。
BMコンサルティング株式会社代表取締役/理学修士(数学)/多摩大学非常勤講師

「仕事」に使える数学

「数学なんて何の役に立つの?結局、仕事には必要ないよね?」――この長年の疑問を解消しましょう。そもそも、学校の先生はビジネスに役立てるための指導をしませんから、このような疑問が生まれるのは実は当然のことなのです。問題なのは、その疑問が解消されずに苦手意識を持ったまま数学とはオサラバしてしまうこと。ビジネスパーソンになった「いま」だから納得できる、「仕事」のスキルと数学の関係についてご紹介します。

「「仕事」に使える数学」

⇒バックナンバー一覧